実家を放置してしまった場合のリスクをご紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

実家を放置してしまった場合のリスクをご紹介!

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「実家を使わないまま、ずっと放置しているけど大丈夫なのかな」

「特定空き家って何かな」

そのような悩みを持った方も少なくないですよね。

今回は空き家を放置した際のリスクについてと、特定空き家とは何なのか、特定空き家にならないための方法について解説します。

□実家を放置するリスクとは

実家を放置するとどのようなリスクやデメリットがあるのでしょうか。

ここでは実家を放置するリスクを3つご紹介します。

1つ目のリスクは、老朽化です。

空き家になると換気が行われず、カビやシロアリの被害が発生するリスクが高まります。

最悪の場合倒壊にも繋がりますので注意が必要です。

2つ目のリスクは、税金優遇を受けられなくなることです。

空き家を相続してから一定の期間内に売却を行うと、譲渡所得税の特例を受けられます。

しかし空き家を放置したことにより、特例が適応される期限が過ぎてしまった場合は譲渡所得税の特例を受けられません。

3つ目のリスクは、ご近所トラブルに繋がることです。

人が住んでいない住宅は、安全面や衛生面などいろいろな面で問題が発生する可能性が高まります。

そのような問題からご近所トラブルに発展したという事例もありますので注意が必要です。

□特定空き家にならないためにするべきこととは

特定空き家とはご存じでしょうか。

特定空き家とは、空き家法に基づいて放置すべきでないと指定された空き家のことを指します。

私有している不動産が特定空き家にならないためにはいくつかの方法がありますのでご紹介します。

空き家のままで維持する場合は、ご自身で管理する、親戚や知人に管理をお願いする、専門の管理業者に依頼するなどの方法があります。

管理がしっかりとされていると特定空き家に指定されることは少ないです。

反対に空き家のままにしない方法もあります。

空き家のままにしない方法は具体的に、不動産売却する、賃貸物件として貸し出す、解体して更地に戻すことなどが方法として挙げられます。

不動産売却をする際には更地にしたほうが売却しやすいこともありますので、空き家の状態などを見て判断しましょう。

□まとめ

今回は空き家を放置した際のリスクについてと、特定空き家にならないためにするべきことについて解説しました。

空き家について少しでも理解が深まりましたら幸いです。

また当社では不動産の売買のサポートを行っております。

古河市で不動産売却をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

投稿日:2021/10/22   投稿者:須田純一