相続した家を売る際にかかる税金とは?節税方法もご紹介します | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

相続した家を売る際にかかる税金とは?節税方法もご紹介します

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「相続した家を売りたいけど、税金はどれくらいかかるのかな」

「相続した家を売るときに節税できないかな」

そのような悩みを持った方も多いですよね。

今回は親の家を相続して売るときにかかる税金についてと、相続した家を売るときの特例や控除について解説します。

□親の家を相続して売るときにかかる税金とは

相続した家を売却すると譲渡所得に対する税金の支払いは必須です。

具体的には所得税、復興特別所得税、住民税を支払う必要があります。

譲渡所得は相続した家を売却した際に得た金額である譲渡価格から、取得費と譲渡費用を引いて計算します。

取得費とは、ご両親が不動産を購入された際に支払った購入費のことを指します。

譲渡費用とは、相続した家を売却した際に支払った手数料や税金の総費用のことを指します。

この譲渡所得を基に所得税などの支払い額が決められます。

□相続した家を売るときの特例や控除を利用して節税する方法とは

不動産の売却も何かと手数料や税金がかかりますよね。

相続した家を売却した際にはいくつかの特例や控除の対象となります。

ここでは相続した家を売るときの特例や控除を利用して節税する方法について解説します。

1つ目は、相続税の取得費加算の特例です。

上記で譲渡所得は譲渡価格から取得費と譲渡費用を差し引いて計算すると解説しました。

この特例は相続税を取得費に加算できるという特例です。

そのため差し引く取得費が増え、結果的に譲渡所得を減らせます。

譲渡所得が減ると、譲渡所得に関する税金の支払いを抑えられるため、節税に繋がります。

2つ目は相続空き家の3000万円の特別控除です。

この控除が対象となる場合、譲渡所得を3000万円まで控除できます。

この控除が適応される条件を簡単に紹介すると、相続開始から3年後の12月31日以前に売却が完了すること、現行の耐震基準を満たすこと、昭和56年3月31日以前に建設された家であることなどがあります。

また、相続した家がマンションの場合は対象外となりますので注意が必要です。

□まとめ

今回は親から相続した家を売る際にかかる税金についてと、相続した家を売るときの特例や控除を利用して節税する方法について解説しました。

相続した家を売る予定のある方はぜひ参考にしてくださいね。

また当社では不動産の買取も行っております。

古河市付近で不動産売却をお考えの方はぜひご連絡ください。

投稿日:2021/10/18   投稿者:須田純一