古河市で開催される提灯竿もみまつりを紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

古河市で開催される提灯竿もみまつりを紹介します!

こんにちは!
古河市で不動産売買をサポートしている栄進です。
この記事では、古河市で有名な提灯竿もみまつりについてご紹介します。
あわせて提灯竿もみまつりの見所や、会場までのアクセスの仕方もご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

□提灯竿もみまつりとは?

提灯竿もみまつりとは、古河市内の団体が、20メートル近い竹竿の先につけた提灯同士を激しくぶつけ合いながら火を消し合う祭りのことです。
「関東の奇祭」とも言われています。
この祭りは、江戸時代に古河藩領であった野木神社の神官が七郷めぐりを終えた時のお話をもとに、受け継がれています。
この時に神官が帰社するのを待っていた人達が、寒さをしのぐため提灯を持ちながら身体をもみ合っていたのが始まりです。
現在の祭りでは約10メートルの高さの矢来を設けており、各団体が提灯をぶつけ合いながら激しく揉み合う様子は、とても勇敢です。

□提灯竿もみまつりの見所は?アクセスもご紹介!

この提灯竿もみまつりの見所はなんといっても、竿の先につけた提灯を消し合う場面です。

古河市の自治体や企業によって毎年約21個の団体が祭りに参加しますが、 その中でも予選を勝ち抜いた上位8団体による決勝戦「競技もみ」は圧巻です。
また、全ての参加者によって行われる「自由もみ」や、10メートルの竿を使ってもみ合いが行われる「子どもの部」をありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

次に提灯竿もみまつりへのアクセスをご紹介します。

*電車での行き方

JR宇都宮線・湘南新宿ライン・上野東京ラインに乗車し、「古河駅」で下車。
古河駅西口から約2分です。

また所要時間の目安は、上野駅から1時間8分。
宇都宮駅からは42分です。

東部日光線、「新古河駅」東口から会場までは徒歩で約30分です。(タクシー約5分)

*バスでの行き方

古河近隣の八千代町や境町からはバスが運行しています。
その他の地域からのバスによるアクセスは難しいです。

*車での行き方

東北自動車道、久喜ICより約30分。
館林ICより約30分。
圏央道、境古河ICより約35分。

□まとめ

この記事では、提灯竿もみまつりの見所と会場までのアクセスをご紹介しました。
20メートルの竿をもみ合わせながら火を消し合うお祭りは、とても斬新で面白いですよね。
古河駅からのアクセスも非常に良いので、もし機会がありましたら古河市の魅力を感じにぜひ行ってみてくださいね。


投稿日:2021/09/26   投稿者:須田純一