中古住宅の購入をお考えの方へ!購入に際して必要なものをご紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

中古住宅の購入をお考えの方へ!購入に際して必要なものをご紹介!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

今回は、中古住宅の購入を検討されている方に向けて、購入に際して必要なものをご紹介します。

本家事を参考に、必要なものの準備をスムーズに進めてください。

□不動産の購入時に必要な書類について

ここでは、3つのケースごとに必要な書類についてご紹介します。

1つ目は、購入申込時に必要な書類です。

購入申込時に必要な書類は、2つあります。

それは、購入申込書と本人確認書類です。

本人確認書類として、運転免許証、健康保険証、パスポートといった書類を用意しておくと良いでしょう。

2つ目は、住宅ローン事前審査時に必要な書類です。

住宅ローンを借りるために必要な書類は、4つあります。

それは、事前審査申込書、本人確認書類、収入証明書、物件に関する書類です。

ローンの申請の際には、収入に関して厳しく査定されるため収入証明書は余裕を持って準備しておきましょう。

3つ目は、売買契約時に必要な書類です。

売買契約時に必要な書類は、4つあります。

それは、重要事項説明書、売買契約書、収入印紙、本人確認書類です。

手付金や仲介手数料の半金も持参する必要があるため、忘れずに準備しましょう。

□一戸建て住宅を現金で購入する際に必要なものについて

一戸建て住宅を現金で購入する際に必要になるものは、5つあります。

1つ目は、残代金等金銭です。

これは、1番重要なものです。

決済場所として銀行が指定されている場合、残代金の入っている通帳と銀行印が必要です。

定期に入れている場合は前もって解約しておきましょう。

銀行以外で行う場合、それぞれの費用の支払先が異なるためおつりのないようにそれぞれを封筒にまとめておくことをおすすめします。

銀行等で行う場合、おつりも用意する必要もないので便利です。

2つ目は、印鑑です。

印鑑は、印鑑証明書を必要としないためどのような印鑑であっても問題はありません。

3つ目は、住民票です。

住民票は、1通必要です。

共有名義予定者が同じ住所ではない場合、それぞれの住民票が1通ずつ必要です。

4つ目は、契約書等です。

契約書が必ず必要なわけではありませんが、確認事項をすぐに確かめられるため準備しておくと便利です。

5つ目は、本人確認書類です。

多額の現金の振込みの際には、金融機関による本人確認が行われます。

本人確認ができる書類として、運転免許証や健康保険証を両方用意しておくと良いでしょう。

銀行等で行わない場合、本人確認書類は不要です。

□まとめ

今回は、中古住宅の購入の際に必要なものについてくわしくご紹介しました。

古河市で中古住宅の購入を検討されている方は、お気軽に当社にお声がけください。

投稿日:2021/09/13   投稿者:須田純一