空き家の老朽化対策とは?詳しく解説します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

空き家の老朽化対策とは?詳しく解説します!

こんにちは!
古河市で不動産のサポートをしている栄進です。
この記事では、空き家の老朽化が普通の住宅よりも速い理由と、老朽化対策をご紹介します。
今すぐにでも対策できる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
□空き家が老朽化する理由
空き家の老朽化が他の住宅よりも早い理由を3つご紹介します。
*換気による空気の入れ替えが行われない
普通の人が住んでいる建物は、窓やドアを開けたり換気扇をまわすことで、常にあらゆる場所で換気が行われます。
一方空き家の場合、人が住んでいないので空気の流れが生じることなく湿気がこもり、カビが繁殖しやすくなります。
特に木造住宅でカビが生えてしまうと木が腐ってしまい、老朽化が急速に進行します。
*掃除が行われない
空き家の場合はその住宅を手入れする人がいないので、虫やカビが繁殖してどんどん汚れていきます。
床や天井はもちろん、屋根裏などの見えない部分の劣化も大きくなります。
*修繕されない
空き家は人が住んでいないので、地震や台風によって住宅が損傷してもそれに気づくことがなくそのまま放置されてしまいます。
特に雨や風の侵入は老朽化を加速させ、住宅が倒壊してしまうこともあります。
□空き家の老朽化対策
次に老朽化しないための対策を3つご紹介します。
余計な手間や費用を抑えることができるのでぜひチェックしておきましょう。
1つ目は、事前に最終的な運用方法を決めておくことです。
空き家になる原因で1番多いのが、実家の処遇です。
親が亡くなってしまい実家を相続しなければならなかったり、親が介護施設に入所してしまったり。

そうなってから決めるのではなく、あらかじめその住宅の運用方法を想定しておく必要があります。
売却するのか保有して活用するのかを親と相談しておきましょう。
2つ目は、空き家になった時のメンテナンス方法を決めておくことです。
保有するとなった場合、定期的に換気や掃除をする必要があります。
空き家の場所が近いなら1ヶ月に1回メンテナンスをしに行ったり、遠い場所にあるなら空き家管理サービスを利用するなど、事前に決めておきましょう。
3つ目は、空き家を賃貸住宅に改装できるかを検討しておくことです。
その空き家が便利な場所や田舎の風情ある場所にある場合、その建物に需要があるかもしれません。
改装して賃貸経営に活用できるかどうか、不動産に相談してみることがおすすめです。
□まとめ
この記事では空き家の老朽化が速い理由とそのための対策についてご紹介しました。
定期的に空き家のメンテナンスをすることが重要であることがお分かり頂けたかと思います。
メンテナンス方法にお悩みの方や賃貸経営をお考えの方は、当社が最適なご提案をしますのでぜひお気軽にご相談ください。

投稿日:2021/08/24   投稿者:須田純一