土地の境界線について・・・ | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

土地の境界線について・・・

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
突然ですが、皆さんはご自身が所有している土地はどこまでかご存じでしょうか。
土地を購入または売却をする時に、どこまでの土地を所有できているのかをしっかりと把握していないとと隣人の方とのトラブルが発生してしまいます。
本日は、土地の境界線について簡単にまとめていきます。

◇境界標を見つける
土地の境界線がどこかを示すため”境界標”を目視で確認が出来ます。
場所によっては、境界標が土の中に埋まってしまっていたり工事によって壊れてしまい紛失してしまっている可能性もあります。
土地を売却する場合は、次の地主になる方が困らないように隣の土地の地主さんと立会をした上で境界標を復元しておくととても親切かと思います。

◇測量図で確認
法務局には”公図”や”測量図”というものが保管されており、それらは土地の境界がどこなのかが記載されている地図です。
これらの地図は土地の形状が変わるごとに新しく書き換えてはおらず、昔の土地の形状で作成されている可能性が高いです。
つまり、現在の土地の形状と一致していないので正確に土地の範囲を把握することができません。
このような場合は、新しく測定をして地図を書き換える必要がありますが、ある問題が発生します。
それは長年自分の土地だと思っていた場所が本当は別の誰かの土地であったという事がありますので、その方と該当する土地をを譲ってもらうか買い取ることで問題を解決するしかありません。
知らないふりをして勝手に自分の土地として利用したり、話し合いが上手くいかずに裁判事にならないように気を付けて頂きたいと思います。

◇裁判事になってしまったら…
土地の所有で裁判となってしまった場合、一つの解決策として”時間”がキーポイントになります。
民法では、「善意・無過失で平穏かつ公然に10年間占有していた場合には、所有権を取得する」と記されています。
つまり、その土地が自分のものだと勘違いをしている状態で、悪意や過失もないということです。
これは、土地を購入した時に誰かが所有しているとは説明されなかった場合にあたります。
上記の条件が全て説明することが出来れば土地を所有する権利が得られます。
ですが、これらはとても時間やお金がかかってしまうのでこのような問題が起こらないためにも、購入する前に必ずどこまでが所有できる土地なのかを確認・把握をしましょう。

◇まとめ
本日は、土地の境界線や所有範囲等についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
土地を購入あるいは売却する時に、自分が所有する土地の範囲はどのくらいなのかを明確に知ることで後のトラブルを回避することが出来ます。
境界線の目印としては、”境界標”や法務局に保管されている”測量図”で確認をすることができます。
ですが、これらでは確実に把握することが出来るわけではありません。
もし、土地の範囲が正確に分からない売位は、隣の土地を所有している地主さんと話し合って問題を解決していきましょう。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/08/16   投稿者:須田純一