建物の構造には何種類あるかご存じでしょうか? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

建物の構造には何種類あるかご存じでしょうか?

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
皆さんは、建物の構造には何種類あるかご存じでしょうか?
思いつくものとしては、木造やコンクリート等かと思います。
建物の建設に使われる素材によって防音効果や断熱効果などが変わってきます。
不動産の広告紙等では「木造」「鉄骨造」「RC造」「SRC造」と言ったものが多く見るかと思います。
これらの違いについてまとめていきたいと思います。

◎木造で作られる建物
木造を英語で表すとWoodですので略語として”W造”と表記されることがあります。
主に木材で作られた建物で日本では戸建てやアパートなどで主流となっています。
昔から木造建築が多くあり、通気性が良いため湿気の管理ができます。
しかし、木材は熱を吸収してしまうめエアコンや暖房器具が効きにくいというデメリットがあります。
また、火が付くと直ぐに燃え切ってしまうので、最近では表面に防火剤でコーティングなどをする対策がされています。

◎鉄骨造で作られる建物
鉄骨造は英語のSteelから”S造”略して表記されることがあります。
基本的には木造と同じ素材で作られ、柱や梁(はり)の骨組みが鉄骨となっています。
高層ビルやマンションといった大きな建物は鉄骨の厚みが6㎜以上ある重量鉄骨造です。
一般の住宅や小型の店舗といった小さな建物は鉄骨の厚みが6㎜未満である軽量鉄骨造です。

◎RC造で作られる建物
RC造りとは鉄骨コンクリート造の略語です。
鉄筋と鉄筋RC造を組んで枠にコンクリートを流し込んで固めたものを柱や床・壁にとして使用します。
コンクリ―トなので、火に強く、耐久性が高いです。
木造とは逆に通気性が悪いためカビが生えてしまうこともあります。

◎SRC造で作られる建物
SRC造とは、鉄骨鉄筋コンクリート造の略語です。
骨組みに鉄骨を使用し、コンクリートで補強する構造です。
鉄骨は熱に弱いですが、コンクリートで覆う事で耐火性を高め、揺れに弱いコンクリ―を鉄筋で補強し耐震性を高めます。
防音効果もありますが、コンクリートが熱を閉じ込めてしまい、夏は暑く冷えると温まりにくくなります。

◎どの構造がよいのか
防音性と耐火性ですと、木造<鉄骨造<RC造<SRC造といった順で強度が増します。
通気性では、RC造<SRC造<鉄骨造<木造といった順で風を通します。

◎まとめ
本日は建物の構造の種類についてお話いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
コンクリート等で作られる建物は大型施設が多いため、私たちが購入する不動産は一般的に木造になるかと思います。
音楽をする方で音漏れが気になるという方は、一室だけを鉄筋コンクリート等で覆う方法もあると思います。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/08/13   投稿者:須田純一