中古住宅を購入の再、住民票はいつ必要なのか? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

中古住宅を購入の再、住民票はいつ必要なのか?

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
中古住宅を購入する時にたくさんの書類を用意し提出する必要があります。
用意する書類の代表例として”住民票”がありますが、どのタイミングで住民票が必要になってくるのでしょうか。
本日は、中古住宅の購入をお考えの方が準備計画が立てやすくなるように住民票が必要なタイミングについて簡単にまとめていこうと思います。

◎住民票はいつ必要なのか
住宅ローンを利用して購入する方法と現金で購入する方法で提出するタイミングが変わってきます。

・住宅ローンを利用して中古住宅を購入する場合
住宅ローンで購入する際の大まかな流れは、購入申込をした後に不動産会社と媒介契約を結びます。
重要事項の説明を受け、売主と売買契約を結び手付金を支払った後に住宅ローンの仮審査および本審査を申し込み、全て通ると融資が開始されます。
売主への住宅の購入金額の残金と不動産会社への仲介手数料を支払い、司法書士により抵当権や所有権移転登記が行われます。
そして、”住民票”の提出が求められるのは「住宅ローンの本審査への申し込みをする時」と「司法書士が抵当権の登記と所有権移転登記をする時」の2回です。
住宅ローンの本審査へ申し込みをする時に提出する理由は、金融機関の方に本人確認の種類として使用してもらうためです。
この時、住民票は発行してから3か月以内のものが有効となります。
抵当権の設定登記と所有権移転登記を行う時に提出する理由は、司法書士が法務局で登記を行う時に住民票を使用して手続きを行うためです。
この時、住民票は有効期限は設けられていませんが、一番新しい住民票を用意してください。

・現金で中古住宅を購入する場合
現金で購入する際の大まかな流れは、購入申込をした後に不動産業者と媒介契約を結びます。
重要事項の説明を受け、売主と売買契約を結び手付金を支払います。
後日に売主へ住宅の購入金額の残金と不動産会社へ仲介手数料を支払い、司法書士にお願いをして所有権移転登記を行います。
住民票の提出が求められるのは「司法書士が所有権移転登記行う時」の1回となります。
司法書士には手渡しで住民票を預け、法務局で所有権移転登記を行う時に住民票を使ってて手続きをします。
所有権移転登記は一週間ほどで終わり、手続きが終了すると司法書士から郵送で住民票が返却されます。 

◎住民票の種類
住民票は「世帯全員の写し」と「世帯一部の写し」の2種類がありますが、提出する住民票は購入する不動産の所有者となる人の情報が必要となります。
ですので、所有者となる人の情報が記載されていれば「世帯全員の写し」でも「世帯一部の写し」でもどちらでも大丈夫です。
住宅ローンを夫婦や親子で利用する場合は、「世帯全員の写し」が必要になります。

◎住民票は新しい住所で
司法書士に住民票を預ける時に、住民票に記載されている住所を「購入する中古住宅」へ住所を移しておくのが理想的です。
新しい住所での住民票を預けることで、所有権移転登記の手続きをする際に新住所の情報が登録されます。
もし住所を変更せずに旧住所の住民票で登記を行うと、旧住所の情報が登録されしまい、後に新住所の情報へと変えなえればならないのでとても手間がかかります。
(手間がかかってしまいますが、旧住所で登記が完了してから新住所へ変更するのはさほど難しくはないので無理に住所変更を行わなくても大丈夫だと思います。)
しかし、住宅ローンの本審査を申し込む際に使用する住民票は旧住所が記載されたものが必要となるので十分に注意してください。

◎まとめ
本日は、”住民票”についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
住宅ローンを利用している場合は住民票を2回提出し、現金での購入の場合は住民票を1回提出します。
住宅ローンの本審査申込の際の住民票は”旧住所”が記載されたもので、司法書士に預ける際の住民票は可能であれば”新住所”が記載されたものが必要になります。
住民票の種類は「世帯全員の写し」と「世帯一部の写し」のどちらでも構いませんが、購入する不動産の所有者となる人の情報が記載されているか確認をしましょう。
また、不動産会社によっては、売買契約をする際に本人確認をするために住民票の提示をお願いする場合があります。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/09/09   投稿者:須田純一