中古住宅を購入の際の確定申告 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

中古住宅を購入の際の確定申告

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
現金で中古住宅を購入しようとお考えの方で、購入をした際に「確定申告」を行うか否かで疑問に思っていらっしゃるかもしれません。
基本的には、確定申告をする必要はありませんた、ある条件等を満たしている場合に税務署へ確定申告を行うことで所得税が減税されることがあります。

〇確定申告は不要
過去の所得において、その所得に課せられる所得税の金額を税務所へ届け出を提出することを確定申告といいます。
不動産を現金の一括で購入をしても、その不動産から得られる所得は発生しませんので戸建ての不動産でもマンションを購入しても確定申告は不要です。
では、確定申告が必要になるのはどのような場合でしょうか。
それは、住宅ローンを利用しながら不動産を購入をするので住宅ローン控除を適用しようとする場合です。
「住宅ローン控除」とは、住宅ローンの返済期間が10年以上を利用することで、年末の住宅ローン残高の1%を所得税から減税されるものです。
キャッシュで中古住宅を購入すると住宅ローン控除は適用されなくなりますので注意してください。
・不動産所得税の申告は必要
中古住宅を購入した際に、原則として1,2か月以内にその住宅が位置する地域を受け持っている税事務所へ不動産所得税を申告しなければなりません。
相続ではなく別の方法で不動産を所有することになった人に一度だけ「不動産所得税」という税金が課せられます。
現金で購入した場合だけでなく住宅ローンで購入した場合も申請を行ってください。

〇リフォームをすると減税される場合がある。
現金で中古住宅を購入し、ある条件を満たしているリフォームを行い確定申告を行うことで所得税が減税されます。
1.耐震リフォーム
昭和56年ごろに建設された一戸建ての中古住宅に対して規定されている条件を満たす耐震リフォームを行い、確定申告を行うとリフォームが終了する年にかかる所得税から最大で25万円などの減額が行われます。

2.バリアフリーへのリフォーム
高齢者の方と一緒に暮らすために50万円以上の費用をかけて、浴槽やトイレなどをバリアフリーへとリフォームを行うと、確定申告を行うことで最大で20万円ほどの所得税が減税されます。

3.省エネ対応へのリフォーム
50万円以上の費用をかけて、サッシを断熱窓に交換を行うなどのリフォームを行い、確定申告をすることで最大25万円ほどの所得税が減税されます。

4.住宅の寿命を長くするためのリフォーム
「長期優良住宅化リフォーム」といって、屋根裏の通気性をよくするための工事や、床下へ防腐防止対策の工事を行い不動産の寿命を延ばしてあげるリフォームを行うことでも所得税が減税されます。

〇まとめ
本日は、不動産を購入した際の「確定申告」の必要性についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
現金で購入した場合は、確定申告を行う必要はありませんが、不動産所得税を税事務所へ申告する必要があります。
しかし、リフォームを行った際に確定申告を行うことで所得税が減税される場合がありますのでしっかりと事前に調べてから行うと良いでしょう。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/08/28   投稿者:須田純一