中古住宅契約までの流れ | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

中古住宅契約までの流れ

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
みなさんは、中古住宅の購入をして入居するまでどのくらいの月日がかかるか予想がつきますか?
中古住宅を購入しようとお考えの方に向けて、計画が立てやすくなるように売買の流れや日数についてまとめていきます。

◎およそ2か月ほどかかる
住宅ローンを利用しながら、不動産会社を仲介して不動産を購入して入居までにかかる日数はおよそ65日間です。
これは、購入物件を探し終えてからかかる日数です。

1.購入の申し出をする
広告などで自分にピッタリな物件を見つけることが出来れば、その中古住宅を取り扱っている不動産会社に連絡をして、売主へ購入の申し込みをしてもらいます。
売主によって異なりますがおよそ3日ほどで購入申込みが承諾され、売買がスタートします。
購入申込書に物件の希望価格や決算予定日等を記入するのですが、価格を販売価格より低く記載すると値下げ交渉もスタートします。

2.媒介契約
ここでおよそ10日ほどが経過します。
売主が購入申込みを承諾すると、その売買を仲介してくれる不動産会社の事務所等に行き、媒介契約を結びます。
この契約は、売主からの購入許可をもらってから1週間以内に行い、契約までの所要時間は1時間以内ほどです。

3.重要事項の説明
ここでおよそ17日ほどが経過します。
媒介契約を結ぶと不動産会社から購入に関しての重要事項の説明を受けます。
購入してからのトラブルを防ぐために、しっかりと書類等に目を通しましょう。
媒介契約を結んでから1週間以内に行われ、所要時間は2時間程度です。

4.売買契約
ここでおよそ24日ほどが経過します。
重要事項もしっかりと把握し終えたら、不動産会社の事務所等で売主との売買契約を結びます。
そして、売主へ手付金を不動産会社へは仲介手数料をいずれも5割程度を支払います。

5.住宅ローンの仮審査を受ける
ここでおよそ25日ほどです。
売買契約を結んだ当日や翌日に、住宅ローンの事前審査に申し込みをします。
これを仮審査と言い、金融機関によって異なりますがおよそ営業している10日以内に結果が来ます。
ここで、時間を短縮するために自分の身分が分かる運転免許書といった重要な書類を提示するので前もって準備をしておきましょう。

6.住宅ローンの本審査
ここでおよそ35日ほどです。
仮審査が通ると、次は本審査を申し込みますが、ここでも重要な提出する書類はいくつかありますので事前に準備をしましょう。

7.融資の開始
ここでおよそ65日ほどです。
住宅ローンの本審査を通り、住宅ローンの利用が開始されると、不動産の販売価格の残金を売主へ支払い、不動産会社にも残りの仲介手数料を支払います。
金融機関から融資が始まるのはおよそ20日程度経過してからです。

8.住宅の引き渡し
売主へお金の支払いが完了すると、住宅の引渡しが行われます。
不動産の状況によって異なりますが、空き家だと直ぐに引渡され、売主が住みながらの売却を行っている場合だと引渡しまでにいくらか日数がかかります。
このとき、登記を行うのですが、入居しながらでも登録をすることが出来ます。

◎まとめ
本日は、中古住宅の売買の流れやそれにかかる日数についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
中古住宅の購入から引き渡しまでおよそ2か月ほどかかりますが、あくまでもスムーズに物事が進められた場合です。
値下げ交渉や住宅ローンの仮審査をもう一度受けなおすといったり、トラブルが生じるともう少し期間は伸びるかと思います。
何事も焦らず、時間に余裕をもって売買を進めていくと良いかと思います。
こちらも金融機関が営業している14日程度で結果が来ます。

古河市の不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/08/14   投稿者:須田純一