不動産投資で中古物件をお考えの方へ!築年数にご注意ください! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産投資で中古物件をお考えの方へ!築年数にご注意ください!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

不動産投資をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、築年数の重要性についてです。

築年数を確認することで、その物件があと何年運用できるかの目安を立てられます。

そこで今回は、築年数の重要性、築30年以上の物件の注意点を解説していきます。

□不動産投資は購入する中古住宅の築年数が重要

不動産投資物件は、築年数であと何年運用できるかが変わります。

築年数が長い物件は築年数が短い物件より、安く購入できますよね。

しかし、安く購入したいからといって古い物件を選ぶのは危険です。

古すぎる物件は、高い修繕費がかかり、市場に出してもなかなか売れにくいというデメリットがあります。

では、どの程度の築年数の物件が不動産投資物件として最適でしょうか。

答えは、築20年未満の不動産投資物件です。

築20年未満の物件は比較的値段が安く、運用できる期間も約10年あります。

リフォームがすぐに必要な物件も少ないため、あとから高い修繕費がかかることも少ないでしょう。

中古住宅を購入する際は、築年数が重要です。

しかし、築年数だけで判断すると優良物件をのがしてしまう可能性もあるため、築年数とともに物件情報もきちんと確認するようにしましょう。

□築30年以上の物件は立地が良い点が魅力

築30年以上の物件は立地が良いですが、設備の老朽化に伴い修繕や耐震性を考慮し、リノベーションをする必要があります。

住むならば立地が良く快適な場所が良いですよね。

築30年以上の物件はその地域が開発され始めたころに建てられた場合が多いため、比較的立地が良いです。

しかし立地は良いですが、老朽化がかなり進んでいるため修繕を行ったり、耐震性を見直したりしなければなりません。

購入する際にはリノベーションプランを考え、耐震性基準を満たしているかどうかの確認もよく行ってください。

耐震基準を満たしていれば、震度7でも倒壊しないでしょう。

また、昔の分譲地は小さい傾向にあるため、解体しても売れないことが多いです。

そのため解体する前には専門家に相談するようにしましょう。

□まとめ

今回は、不動産投資は購入する中古住宅の築年数が重要だということ、築30年以上の物件は修繕を行い耐震性に注意する必要があるということを説明しました。

不動産物件の購入では、築年数20年未満が最適です。

30年以上の物件を購入する場合は修繕のプランを考え、耐震基準を満たしているかを確認しましょう。

投稿日:2021/07/22   投稿者:須田純一