空き家にお困りの方へ!空き家の処分方法をご紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

空き家にお困りの方へ!空き家の処分方法をご紹介!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「空き家の処分方法がわからない」

「空き家を売りたいけど、売れるのか不安だ」

このような疑問や不安をお持ちの方に向けて、空き家の処分方法について解説します。

□空き家の処分方法

空き家の処分方法は、主に以下の3つに分けられます。

*空き家を解体する

空き家が腐敗していたり老朽化していたりして売却することが難しそうな場合は、解体するという選択肢があります。

「解体するのはお金がかかるし、そのまま放置したほうがいいのではないか」

このように思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、著しく町の景観を損なう空き家や倒壊の恐れがある空き家は近隣住民の迷惑になっているかもしれません。

実際に、空家等対策特別措置法が施行されたことで、上記の空き家を放置しすぎると行政による注意や介入、さらに最悪の場合には罰則が課される恐れもあります。

また、空き家の解体には、このようなデメリットを回避するだけではなく、解体費を上回るメリットもあります。

たとえば、空き家を解体することでその土地を売却したり、その土地を駐車場などとして利用したりすれば新しい価値を生むことができます。

*空き家を売却する

空き家が中古住宅として利用できそうな状態の場合は、解体するのではなく売却できるかもしれません。

空き家を売却するメリットは、固定資産税を払うことや空き家を抱えることによる心理的ストレスから解放されるという点です。

当然、解体費を払う必要もありません。

ただ、買い手が見つかるまでに時間がかかるかもしれないというデメリットがあります。

不動産会社との交渉や、提示された売却査定価格をもとに売却をどう進めるのか検討しましょう。

*空き家を貸し出す

最後に、空き家を貸し出すという処分方法をご紹介します。

空き家を用いて収入を得ようと思ったとき、「売却する」か「貸し出す」かの2択になるわけですが、貸し出す際のメリットは毎月一定の収入を得られることです。

売却すると、まとまった収入が得られる一方、継続的な収入は得られません。

空き家を継続的な収入をもたらすマネーマシンにできるのが、貸し出しの魅力ですね。

逆に空き家を物件として貸し出すデメリットは、入居者が見つからないと収入が得られない点です。

また、物件の状態によってはリフォームをする必要があります。

□土地放棄や相続制度に改正の流れも

現在、土地放棄や相続に関する法改正が進んでいます。

そのため、土地所有権を放棄できるようになるかもしれません。

これは、全国的に所有者が不明の土地が増えていることが背景にあります。

□まとめ

今回は、空き家の処分方法について解説しました。

お持ちの空き家が売れる状態にあるのか、それとも解体すべきなのかということを判断するのは難しいですよね。

その場合はぜひ、当社に査定をご依頼ください。

物件の状態を判断した上で、適切な対処方法をご提案いたします。

投稿日:2021/07/04   投稿者:須田純一