不動産売買時の登記とは | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売買時の登記とは

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
皆さんは「登記」という言葉をご存じですか。
住宅ローンを利用するために見積もりをした時や不動産を購入したときに、「登記費用」と書かれたもの受け取ることがあります。
この値段は一体何を表しているのか分からないままだと不安だと思いますので、簡単にご説明いたします。

◎登記とは
公の帳簿である「登記簿」というものに、不動産の所有者の情報を記載することを登記と言います。
登記簿には、不動産が立地している場所すなわち住所や不動産の種類や土地の面積な、そして所有者の名前等が記載されています。
・登記簿がある理由
Aさんが所有している空き地があるとします。
そして、Bさんという大工業者がAさんが所有している土地だとは知らずにその土地に家を建ててしまいます。
この場合、AさんはBさんに直ぐに家を建てることをやめてもらうために自分が所有している土地だという事を伝えます。
ですが本当にAさんが所有している土地だという証拠を提示することができないのでBさんはAさんの証言を信じることができません。
そして、そのまま家を建てる工事をすすめてしまいます。
土地に直接、Aの所有物件ということを書いたとしても雨が降ってしまったら消えてしまいますよね。
このように、他者に対して「私はこの土地を所有している」と示すのが登記簿です。
登記簿は法務省の法務局に設置され、誰でも見ることが可能です。
登記簿に情報が記載されていれば、他者に勝手に土地を使用される事がありません。
日本には様々な建物があり、その不動産それぞれに所有者が存在していますのでもちろん登記簿にも登録されています。

◎不動産を売買した時の注意
・所有権移転登記
不動産が売買されるとその不動産の所有者が変わるので、登記簿上の所有者も更新しなければなりません。
このように名義を変更をすることを「所有権移転登記」といいます。

・表題登記と所有権保存登記
新しく家を建てた場合は、始めにその家の所在地や建設された日、床面積などの基本情報を登記します。
このことを「表題登記」と言い、家が完成してから一か月以内に登記します。
次に行う登記を「所有権保存登記」といって、新築住宅の所有者を登録することを指します。

・抵当権の設定登記
住宅ローンで購入をした際は、上記に記載されている登記に加えてその物件が担保に入ったことを証明する「抵当権の設定登記」を行います。

◎まとめ
本日は「登記簿」について簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
登記簿とは、不動産の所有者を明確にするために記録されたものを指します。
不動産の売買を行うと、いくつかの登記を行うことになります。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/06/17   投稿者:須田純一