不動産売却の為の一般媒介契約について… | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却の為の一般媒介契約について…

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
突然ですが、媒介契約という契約には3つの種類があるのですが、その中のうちの一つである「一般媒介契約」をご存じしょうか。
マンションなどの物件を売却しようとしている売主さんなら一度は耳にしたことがあるかと思います。
ですが、正直どのような契約なのかよくわからないと疑問を持つ方もいると思うので、本日は「一般媒介契約」についてお話させていただきます。

◎複数の会社と同時に契約が可能
一般媒介契約とは、専任媒介契約や専属専任媒介契約とは異なり、複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことが可能になります。
一社のみの契約には、しっかりとしたサポートを受けることが出来ますが、複数の会社と契約することで不動産会社を競い合わせることでより条件の良い価格で売却することができます。
また、複数の会社に情報を提供しますのでマンションや家を購入しようと考えている買主の目に多く触れるので内覧の申し込みや購入の申し込みが他の2つの媒介契約と比べて多くなることが期待できます。

◎買主を見つけて直接取引が可能
これは専任媒介契約と同じですが、売主自身が買主を探して自由に物件を取引しても何の問題もありませんし、仲介手数料を支払う義務もありません。
しかし、どの契約でも不動産会社から紹介された買主と売却が成立した場合はしっかりと仲介手数料を支払わなければなりません。

◎販売状況の報告は無し
専任媒介契約と専属媒介契約ではそれぞれ2週間または1週間に1回不動産会社から物件の販売状況などの進捗状況が報告されます。
一般媒介契約の場合は、不動産会社からの報告は一切ありません。
報告がないのは売主からしたら、”十分な売却活動をしてもらえてるのか”や”売却できる見込みはあるのか”などと少々不安になると思います。
そのようなときは、売主から不動産会社へ活動の報告を確認する必要がありますので注意してください。

◎「明示型」と「非明示型」
「明示型」と「非明示型」は他の2つの媒介契約にはないものです。
一般媒介契約は複数の不動産会社と同時に契約を結んでいるので、それぞれの会社へほかに仲介を依頼している会社はあるのかなどと情報を提示する必要がるのかないのかというものです。
「明示型」とは、依頼している不動産会社の情報を提示する必要がある場合です。
「非明示型」とは、他の不動産会社に売却の仲介を依頼していてもその情報を提示する必要がありません。
不動産会社にとって他のライバル会社が把握できたり、売却戦略が立てやすいように「明示型」を選ぶことをお勧めします。

◎指定流通機構への登録の義務はなし
指定流通機構へ物件情報を登録する義務がないので、ご近所さんや親戚の人に売却活動を秘密にしたいという方には登録を控えることができます。
もちろん、契約する際に登録したいと申し出れば指定流通機構へ登録して貰えますので安心してください。

◎いつでも解約可能
一般媒介契約の場合、契約期間内でも解約が可能で違約金を支払う必要もありません。
しかし、契約書の中に契約期間が3か月以内や経費を支払う必要があるといった事が書かれている場合があるので、後に不動産会社と問題にならないためにもしっかりと確認が必要です。

◎まとめ
いかがでしたでしょうか。
売却しようとしている物件が比較的新しく、需要が高いのであれば一般媒介契約をおすすめします。
また、販売状況の報告がないので販売戦略がしにくいというデメリットもあるので注意が必要です。

古河市の不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/06/04   投稿者:須田純一