不動産売却の為の媒介契約について… | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却の為の媒介契約について…

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マンションを売却したいと考えている方はいらっしゃいませんか。
売却するために不動産会社と契約を結びたいが、どう進めていいか分からないと思う方は多いと思います。
安価な取引ではないので「売却を成功させたい」という方に向けて、媒介契約についてお話させていただきます。

簡易査定並びに訪問査定という、周辺地域やマンションの状況、部屋の全体を総合的に判断をして、査定額が算出されたら売却を依頼する不動産会社
を選択します。
この不動産会社の選択においての注意等については、前回の記事を参考にしてください。
不動産会社を選んだあとは、その会社と「媒介契約」というものを結びます。
これは、売却が成立した時に不動産会社はどのくらいの報酬を受け取るのか、どのようにして売却を進めていくのかの方針を決める契約です。
媒介契約には、「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類があり、この中から一種類選びます。
媒介契約を結ぶ際に、注意することは契約内容について何も理解してないまま媒介契約を結んでしまいます。
誰でも自分に利益がある方法を選びますよね。
不動産会社も一緒で、会社にとって利益になる契約を結びたいはずですので、言われるがままに契約するのではなく自分の売却状態や物件に適した媒介契約を選択しましょう。
立地条件が良かったり、比較的新しい部屋で需要が高いマンションは「一般媒介契約」を選び、逆に立地悪くも築年数も古いマンションに関しては「専任媒介契約」を選ぶとよいかと思います。
一般媒介契約の場合は、いくつかの不動産会社と契約を結ぶことができ、複数の不動産会社が同時に競い合うのでより高い価格で売却ができる可能性があります。
専任媒介契約の場合は、安心して売却を依頼することができる不動産会社を一社選択して契約を結びます。
契約した時点から物件を売却するために二人三脚で一生懸命に活動してくれるでしょう。
専属専任媒介契約の場合は、専任媒介契約と同様に一社の不動産会社と契約を結びます。
この専属専任媒介契約を結んでしまうと自分自身で買主を見つけたとしても取引が出来ないというデメリットがあります。
もし、物件を購入してくれる人がいるのであれば、専属専任媒介契約を結ばずに専任媒介契約を結ぶとよいかと思います。

まとめ
本日は「媒介契約」について簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
媒介契約には3種類があり、ご自身の条件などと照らし合わせてから契約方法を選ぶとマンション売却が成功するかもしれませんね。
また、3種類の契約内容の違い等は別の記事でお話しようと思います。
そちらの記事も読んでいただけると幸いです。

古河市の不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/05/14   投稿者:-