古河市のハザードマップを確認!津波はないが水害に注意してください | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

古河市のハザードマップを確認!津波はないが水害に注意してください

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

マイホームの購入をお考えで、古河市がどのような地域なのか知りたい方はいらっしゃいませんか。
この記事では、古河市の災害の際の安全性について解説します。
住宅の場所は家族の安全を守るためにじっくり考えたいですよね。

□古河市は関東平野の真ん中にあります!

古河市は茨城県の中でも、どのような位置にあるのでしょうか。
古河市は、茨城県の西端で、関東平野のほぼ真ん中に位置しています。
治安も良く、街並みから歴史が感じられる街です。
自然も豊かで、お子さんがいらっしゃるご家庭にぴったりでしょう。

また、都内へのアクセスの良さも魅力です。
JR宇都宮線で東京駅まで、JR湘南新宿ラインで池袋や新宿にも1本で行けます。
通勤や通学にも便利ですね。

□水害が起きる仕組みを解説!

近年、気候変動が起こっていることから、年々雨量が増えていると言われています。
渡良瀬川や利根川など、自宅の周囲の川が氾濫することも考えられます。
自宅にどれくらい水害のリスクがあるのかを、知っておくことは重要です。
まずは、水害がどのようにして起こるのかを確認しましょう。

洪水は、上流付近で大量に降った雨が流れてくることで発生します。
そのため、下流で雨が降っていなくても、洪水が発生するかもしれません。
時間をかけて上流から雨水が流れてくるため、古河市付近の川の水位が上昇するまでに数時間かかります。
なかには、十数時間の時間差がある場合もあるため、雨が止んでからもしばらくは注意しましょう。

渡良瀬川に関しては、流域である栃木県西部で降った雨が三国橋付近に流れてくると考えられます。
利根川に関しては、流域である群馬県全域と栃木県南西部で降った雨が利根川橋付近に流れてくるでしょう。
これらの川が氾濫を起こした場合に、自宅周辺の地域が浸水しないか、ハザードマップで確認しておくと安心です。

また、浸水が想定される場合は、避難先を考えておきましょう。
住宅の2階など垂直避難も可能ですが、孤立してしまう可能性があるため、避難先を用意しておいた方が安心です。
車で避難する場合は、旧三和や旧総和の北側など、浸水地域から離れた場所を避難場所として決めておきましょう。

□まとめ

この記事では、古河市の水害の際の安全性を解説しました。
津波の心配はありませんが、川の氾濫に注意して、ハザードマップを確認しながら住宅の場所を決めると良いですね。
当社は、すべてのお客様に最適な住宅をご紹介します。
古河市にマイホームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2021/02/02   投稿者:須田純一