不動産売買契約の際に重要な物件状況報告書とは?不動産売却をご検討中の方必見です! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売買契約の際に重要な物件状況報告書とは?不動産売却をご検討中の方必見です!

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
引き渡し後のトラブルを回避するために、活用される物件状況報告書をご存知でしょうか。
今回は、不動産売買契約の際に重要な物件状況報告書についてご紹介するので、不動産売却をお考えの方はぜひご参考にしてみてください。

□物件状況報告書とは

「そもそも物件状況報告書が何のための書類なのか分からない」、という方がいらっしゃるでしょう。
物件状況報告書とは、中古の不動産を売却する際に、売主様が買主様に向けて、物件の状況を説明するための書類です。
もしも売主様が物件の不具合を認識していたにも関わらず、それらを記載していなければ、売主様は買主様に対して責任を追う必要があります。
さらに、場合によっては、損害賠償義務が発生する可能性も考えられるでしょう。

一方で、物件状況報告書を事前に買主様に渡しておけば、記載内容を了承して契約を結んだことになりますよね。
つまり、物件状況報告書を用意することは、記載内容の証明になり、未然に売却後のトラブルを防ぐことにつながるでしょう。

□物件状況報告書を記入する際の注意点とは

物件状況報告書の準備にあたって注意したいのは、いつ記入するかという点です。
おすすめなのは、物件の販売を始める前に記入を済ませておくことです。
場合によっては、売買契約を行う際に記入を求められることもありますが、実際その場で記入となると、分からないことも多く困惑してしまいますよね。
報告書の記入というと、なんとなく必要性が感じられず、後回しになってしまいがちですが、トラブルを避けるためにも早めに用意することを心がけましょう。

また、報告書と聞くと、一見仲介会社の業務のように感じられますが、実際は売却を行う売主様自身が責任を持って記入する必要があります。
先程もご紹介したとおり、報告書に記載されておる内容については、売主様が買主様に説明する義務があります。
したがって、物件報告書の記入と提出は売主様自身で行うようにしましょう。

とはいえ、実際売主様だけで記入するのは、少し不安なこともありますよね。
そのような場合には、状況に合わせて依頼している不動産業者にサポートを求めてみると良いでしょう。

□まとめ

今回は、不動産売買契約の際に重要な物件状況報告書についてご紹介しました。
物件状況報告書の記入は、少し面倒な印象を抱いてしまいがちですが、丁寧に記入することで、トラブル防止にもつながります。
せっかく売却活動を行うなら、ぜひ本記事内容も踏まえて、前向きに取り組みましょう。

古河市での不動産売却・購入の際には栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/12/28   投稿者:須田純一