両親や祖父母から受けた援助でマイホームを購入!?その方法をご紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

両親や祖父母から受けた援助でマイホームを購入!?その方法をご紹介します!

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マイホームの購入にあたり、希望額の住宅ローンを借り入れられず、どうしても自己資金が足りない事態も考えられますよね。
今回は、両親や祖父母から受けた援助でマイホームを購入する方法をご紹介します。

□援助を受けて家を購入する3つの方法とは

両親や祖父母からの援助を受けて家を購入するには、大きく分けて3つの方法があります。
それぞれ、お金を借りて購入する方法、援助した側も持分を取得して家を共有する方法、贈与を受けて購入する方法です。

1つ目の方法では、両親や祖父母からお金を借りて、マイホームの支払いに充てるため、贈与との違いをはっきりさせる必要があります。
親族にお金を借りるとどうしても、「返済は焦らなくていい」、「返さなくても構わない」、と言われ、安心してしまいがちですよね。
ただし、こうした状況は税務署から贈与と疑われやすく、多額の贈与税が課税される可能性があるため十分注意しましょう。

この違いを明確にするには、個人間でも金銭借用書、もしくは金銭消費貸借契約書を作成することが効果的です。
個人で作成可能なこれらの書類を作成しておくことで、取引の事実を明確にできるでしょう。
他にも一定額の利息をつけることや返済日、返済期限にもルールがあるため、事前によく確認する必要があるでしょう。

2つ目の方法では、マイホームを共有するため、親の持分を無料で使用できる子供にとって、家賃の支払いは実質不要となります。
この方法を利用すれば相続税対策にもなるため、援助を受けられる場合は、一度検討してみると良いでしょう。

□贈与を受けて家を購入する方法とは

3つ目の贈与を受けて家を購入する方法では、通常両親や祖父母からお金を受け取った場合、贈与税がかかるため、十分に注意する必要があります。
ただし、この贈与税には一定金額までであれば非課税にできる非課税制度があるため、受け取る際は金額によく着目しましょう。
基本的に非課税限度額は金額ごとに定められていますが、住宅の条件によっては変化する可能性もあります。
さらに、契約終結年によっても、金額が異なるため、事前によく確認するようにしましょう。

□まとめ

今回は、両親や祖父母から受けた援助でマイホームを購入する方法をご紹介しました。
援助を受けるにあたっては注意点もあるため、事前にしっかりと調べたうえで購入を検討しましょう。
当社では、無料の新築物件ツアーを開催しております。
少しでも古河市の環境や家にご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

投稿日:2020/12/21   投稿者:須田純一