不動産の売却をご検討中の方へ!個人間売買における注意点をご紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産の売却をご検討中の方へ!個人間売買における注意点をご紹介します!

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

不動産を売却する際は、不動産会社を介するのが最も一般的ですが、その場合仲介手数料がかかりますよね。
可能な限り費用を抑えるためにも、個人間売買をお迷いの方もいらっしゃるでしょう。
とはいえ、個人間売買を行うにはそれなりのリスクも伴います。
そこで今回は、個人間売買における注意点についてご紹介します。

□個人間売買を行うメリットとデメリットとは

そもそも不動産売買において、仲介業者を挟まず、個人と個人で行うことは法律的に許されているのか疑問に思われている方も多いでしょう。
実際、不動産売買では仲介業者を必ず利用するといったルールはありません。
したがって、個人間売買は法律的にも認められている方法であると言えるでしょう。

個人間売買を行うメリットとしてまず挙げられるのが、仲介手数料がかからないという点です。
少しでも抑えられる費用は抑えたいとおっしゃる方には、不動産会社を通さずに売買を行えるため、おすすめです。
さらに仲介による売却の場合は、第三者に売却の事実を知られてしまいますが、個人間売買の場合は、売主様と買主様以外には知られる心配がありません。
こうした点も個人間売買ならではのメリットと言えるでしょう。

一方の個人間売買だからこそのデメリットとしては、重要事項説明を受けられないという点が挙げられます。
宅建業者の義務とされているこの説明は、法令面での確認や情報伝達などの重要な役割を担います。
つまり、特別専門的な知識のない個人がこの説明を受ける段階を省略することは、不動産の売買において非常に大きなリスクとなりうるでしょう。
また説明以外にも物件の適正価格の判断の難しさなど、素人にはかなりハードルが高いと言えます。

□個人間売買における注意点とは

いざ個人間売買を行うと決まった際には、これからご紹介する注意点を押さえておきましょう。

そもそも専門的な知識が必要な不動産の売買では、相場価格はしっかりと把握しておくことが大切です。
基本的に個人間売買での取引は、売主が自由に値付けできるため、買主が価格で応じる場合にはどのような金額であっても取引自体に問題はありません。
ただし、あまりにも相場価格と取引を行った額に差がある場合は、贈与税が課税される可能性も考えられるため、注意しましょう。

仲介手数料がかからないということは個人間売買を行うメリットでもありますが、必要に応じて、部分的に専門家に介在してもらうことをおすすめします。
不動産の売買では、売却後のトラブルや住宅ローンが借り入れられず、売買が不成立になることもよくあります。
こうした場合の金銭的なリスクも踏まえて上で、部分的に介在、サポートを依頼できると良いですね。

□まとめ

今回は、個人間売買における注意点についてご紹介しました。
個人間売買は仲介業者を通さないからこそのメリットもありますが、その分トラブルに発展する可能性もあります。
こうしたリスクを少しでも減らすためにも、今回ご紹介した注意点を押さえ、必要な知識を身につけましょう。

古河市での不動産は栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/12/11   投稿者:須田純一