住宅ローン事前審査と本審査とは?審査のポイントと注意事項も合わせてご紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

住宅ローン事前審査と本審査とは?審査のポイントと注意事項も合わせてご紹介!

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
多額の資金が必要な不動産の購入では、住宅ローンをご利用される方が多いでしょう。
ただし、金融機関から融資を受けるには、審査に通過する必要があります。
今回は、住宅ローン事前審査と本審査について、審査のポイントや注意事項も合わせてご紹介します。

□住宅ローン事前審査と本審査で審査されるポイントの違いとは

住宅ローンを借り入れる際には、事前審査と本審査の2つを通過する必要がありますが、それぞれ審査されるポイントは異なります。
それでは各審査で具体的に見られるポイントを、順番にご紹介しましょう。

住宅ローンの申し込みに先んじて行われる事前審査では、本審査に進めて良いかの判断を目的としています。
申し込み先の金融機関に応じて、簡易審査や仮審査など呼び名は変わりますが、本審査の前段階であるという性質は変わりません。
主にこの審査では、返済能力の有無が見極められます。
具体的なポイントとしては、信用力、他のローンの借り入れの有無、返済負担率の条件の確認が行われるでしょう。

一方の本審査では、ローン契約前の最終審査を目的として行われます。
具体的な審査ポイントとしては、年収や完済時の年齢、雇用形態などの項目がありますが、事前に項目を確認しておくことで、ある程度の対策は行えるでしょう。
これらの他にも、事前審査の際に報告した内容に誤りがないかの審査も行われます。
もし事前審査が済んだ後に新しく借り入れを行った場合は、内容が異なっていると本審査で疑われないよう、事前に担当者に知らせておくと良いでしょう。

□審査を受ける際の注意事項とは

事前審査を受ける際に必要な物は、事前審査申込書、健康保険証、運転免許証、実印、直近2年分の源泉徴収票、住民票、住民税決定通知書などです。
ただし、利用する金融機関によって必要とされる物は異なるため、事前によく確認しておきましょう。

続いて本審査を受ける際には、本審査申込書、実印、印鑑証明書、住民票、住民税決定通知書、勤務先の名刺、完済証明書などが必要です。
基本的に事前審査で提出したものは、本審査では不要とされています。
ただし、審査に必ず店舗来店することが条件とされている金融機関の場合は、それらの書類の提出が必要な場合もあるため、注意しましょう。
また今回ご紹介した書類以外にも、機関によっては提出を求められる書類もあるため、場合に応じて柔軟に対応できると良いでしょう。

□まとめ

今回は、住宅ローン事前審査と本審査についてご紹介しました。
よりスムーズに住宅ローンの借り入れを行えるよう、本記事内容も参考に対策を立ててみてください。

栄進では住宅ローン手続き料などは頂いてません。お気軽にお問い合わせください。
当社は、新しく物件をお探しの方のために新築物件見学ツアーを開催しております。
どなたでも無料でご利用いただけるため、ぜひご連絡をお待ちしております。

投稿日:2020/12/07   投稿者:須田純一