マンション売却でお悩みの方へ!ローンの返済が残っていてもマンションは売却できる! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンション売却でお悩みの方へ!ローンの返済が残っていてもマンションは売却できる!

マンションを購入する際、住宅ローンを利用するのは一般的ですよね。
長期間の返済を計画していても、予定外の都合で引っ越しをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。
「ローンの返済が残っているマンションでも売却できるのか不安」
そんな方のために、今回はローンの返済が残っているマンションの売却事情をご紹介します。

□ローンの返済が残っているマンションを売却するには

そもそもローンの返済中のマンションを売却できるのか疑問に思われている方も多くいらっしゃいますよね。
結論から言うと、ローンの返済が残っているマンションであっても売り出すことは可能です。
ただし売却活動を行うには、忘れてはいけない手続きがあるため、続いてはそちらをご紹介します。

ローン返済中のマンションを売却するには、必ず不動産に登記されている抵当権を外す必要があります。
抵当権は、ローンの借り入れを行っている金融機関が融資を行う条件として、不動産を担保にしたことを表す登記です。
抵当権がある以上、ローンを全て返済するまでは、担保となった不動産を売却できません。
つまり、抵当権を外すということは、ローンの残債をすべて支払うことと言えるでしょう。

ただし預貯金額次第では、ローンを全て返済することが困難な場合もありますよね。
こうした場合のために、続いては残っているローンの返済方法についてご紹介します。

□残っているローンの返済方法とは

もし売却によって得られた資金がローンの残債を超える場合は、売却代金を返済に充て、完済することが可能です。
一方で、売却によって得られた代金だけではローンを返済しきれない場合には、自己資産から支払う必要があるでしょう。
預貯金だけで足りない場合には、車や株などの自己資産を売却し、現金を用意するという返済方法も検討できると良いですね。

売却中のマンションから他の物件への買い替えを検討されている場合には、住み替えローンも利用できます。
住み替えローンでは、新しく購入した物件のローンに加え、残債分も上乗せして返済を計画できるでしょう。
ただし、住み替えローンを利用するには売却に関する手続きに加え、次の物件の購入に関わる手続きも同時に行う必要があるため、双方のスケジュール管理に注意しましょう。

□まとめ

今回は、ローンの返済が残っているマンションの売却事情についてご紹介しました。
ローンを返済中のマンションの売却は、事前にローンの残債と預貯金額を確認してから検討するようにしましょう。
売却成功のためにも、ぜひ本記事の内容をご参考にしていただければ幸いです。

古河市でマンションや戸建ての売却を検討されている方は栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/11/16   投稿者:須田純一