マンションを売却する際リフォームは必要?リフォームを行う際の注意点もご紹介します | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションを売却する際リフォームは必要?リフォームを行う際の注意点もご紹介します

「古い物件を売却したいけど、リフォームの必要性がどれ程あるのか分からない」
マンションの売却をご検討中の方の中には、こうしたお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために今回は、マンションの売却におけるリフォームの実情をリフォームを行う場合の注意点と合わせてご紹介します。

□マンションの売却時にリフォームするメリットとデメリットとは

売却時にリフォームが済んでいる物件は、買主に与える印象を良くし、売却が有利になることがメリットとして挙げられます。
買主が物件を購入するかどうかは、物件を実際に見た時の第一印象で決まると言っても過言ではありません。
「古い物件だから、いつ売れるか不安」と長い間ストレスをため込むよりも、思い切ってリフォームをしてしまうのも1つの手と言えるでしょう。

さらにデザインにさほどこだわりのない買主にとっては、リフォームが既に済んでいる物件は、それだけで魅力的ですよね。
こうした買主からの需要を狙い、リフォームを済ませておけば、売却の手続きもスムーズに行えるでしょう。

売却時のリフォームにはこうしたメリットが挙げられる一方、実際にリフォーム済みの物件を求めている買主は、中古物件の購入を希望している買主の中でもごく少数です。
その他の多くの買主は、物件の安さを第一に求めているため、リフォームによって価格が上がること自体が逆効果であるとも考えられますよね。

さらにリフォームを行ったとしても、実際にかかった費用を回収できない場合が多いという現状もあります。
手間や費用をかけてリフォームを行っても、見返りがないのであれば、売主にとってデメリットになるとも考えられるでしょう。

□マンションの売却時に行うリフォームの注意点とは

一般的には不要とされる売却時のリフォームですが、設備が古く、不便を感じるような場合にはリフォームを行うことが望ましいとされています。

こうしたリフォームの場合も費用はかけすぎないように注意しましょう。
先程もご紹介した通り、リフォームにかかる費用は回収できない場合もあります。
高額な費用をかけてリフォームして売却価格を大幅に上げるよりも、リフォーム費用は適度に抑えることを心がけましょう。

さらにリフォームを行う際は、その内容に関する書類やリフォーム前後の写真を残しておくようにしましょう。
なぜリフォームしたのか、前後で何が変わったのかという買主の疑問にも答えられるよう、証明できるものは手元に残しておくと良いですね。

□まとめ

今回は、マンションの売却におけるリフォームの実情とリフォームを行う場合の注意点についてご紹介しました。
マンションはできるだけ高く売却したいものですが、リフォームにはそれなりの費用がかかるため、しっかり物件の状況を把握したうえで検討するようにしましょう。

古河市のマンションリフォーム相談は栄進でお受けしております。売却前にご相談下さい。

投稿日:2020/11/09   投稿者:須田純一