不動産売買を検討中の方へ!付帯設備表について解説します | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売買を検討中の方へ!付帯設備表について解説します

不動産売買をお考えの方で、付帯設備表についてあまり知らない方は多いでしょう。
これは、不動産の取引の際、売り手と買い手の間で起きやすいトラブルを避けるのに役立つ重要な書類です。
そのため、不動産売買をお考えの方はよく理解しておく必要があります。
そこで今回は、付帯設備表についてご紹介します。

□付帯設備表とは何だろう?

不動産売買の際には、告知書や付帯設備表を売り手が事実を漏らさず記載する必要があります。
では、付帯設備表とはいったいどんなものなのでしょうか。

付帯設備表とは、売却の対象となる中古住宅や空き家の設備に関する状況について、買い手にはっきりと明確にして物件を引き渡すための書面のことです。
特に、中古住宅や空き家の不動産取引では、売却完了後のトラブルが起きやすいため非常に重要になってきます。

そして、「設備の有無」という欄では、有・無・撤去の選択肢があり「有」を選択した場合のみ引き渡しの対象になります。
さらに、設備の中で売り手自身が把握している物件の不具合や、買い手に伝えておきたいことがある場合は、付帯設備表の中にある「備考欄」に記入しておきましょう。

また、付帯設備表は売り手である本人が必ず自分で記入しましょう。
面倒だからといって不動産業者に依頼すると、トラブルの原因になってしまいます。
それを避けるため、付帯設備表は必ず売り手本人が記入するように注意しましょう。

□記入する際の注意点

マンションの売却でよく聞かれるのが、エアコンやウォシュレットの取り外しについてです。
たしかに、勝手に取り外して売却しても良いのか迷ってしまいますよね。

この質問の回答としては、取り外しても問題ありません。
しかし、取り外して売却する場合には、必ず付帯設備表に「撤去」と記載することが重要になります。

住みながら不動産の売却をする場合は、購入を考えている方に内覧を行うのが一般的でしょう。
そのため、撤去しようと検討中の方は、内覧日までに決めておきましょう。
なぜなら、そうすることでトラブルを回避できるからです。

例えば、エアコンを内覧時には残しておくと伝えたのにも関わらず、引っ越しの際に撤去してしまうとトラブルの原因になってしまいます。
そのため、撤去をお考えの場合は、このようなトラブルに巻き込まれないために、早めに付帯設備表を作成するように注意しましょう。

□まとめ

今回は、付帯設備表についてご紹介しました。
付帯設備表はトラブルから自分自身を守ってくれる大切な書類です。
また、記入する際は正直に物件の状態を伝えることも重要です。
不動産の売却が決まったら、付帯設備表の作成に取り掛かりましょう。

栄進では付帯設備表の作成のお手伝いをさせていただいております。

古河市で不動産売買の際には、トラブルを少なくなるよう努力をしております。

古河市で不動産売買の際には栄進にご相談下さい。

投稿日:2020/10/26   投稿者:須田純一