マンション売却する際にエアコンを外しても良いの?外す場合の注意点も紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンション売却する際にエアコンを外しても良いの?外す場合の注意点も紹介!

マンションを売却する際に考える一つに・・・

「エアコンは残しておくべきか」
「新しい新居に持って行っても良いのか」
マンションの売却をお考えの方でこのようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
確かに、エアコンをどうするかは売り手の自由であるため、悩む方も多いでしょう。
そこで今回は、マンション売却をする際のエアコンの取り扱いについてご紹介します。

□内覧がある場合は残しておく

売却を始めた際のポイントとして、内覧者が来るうちはエアコンを残しておく方が良いでしょう。
エアコンの取り扱いは売り手が自由に決められるため、取り外してはいけないという決まりはありません。
また、販売価格にもあまり影響はないため、エアコンを残しておかなくても問題はないでしょう。
しかし、内覧の際エアコンのような設備がないことは、購入希望者の方には悪い印象を与えてしまいやすいのです。しかしながら古いエアコンであれば見栄えが良くないので取り外すことをお勧めします。
ここからは、その理由をいくつかご紹介していきます。

まず1つ目は、内覧の環境が悪くなるからです。
内覧の際最も大切なのは、購入を検討している内覧者の方に「この物件に住みたい」と思ってもらえるような良い印象や居心地の良さを感じてもらうことでしょう。
しかし、エアコンがない場合では夏や冬の内覧は室内の温度調節ができません。
そのため、内覧者にゆっくり室内を見てもらえず、悪い印象を与えてしまいます。

2つ目は、エアコンの取り外しの跡が目立つことです。
実際取り外してみないとイメージしにくいかもしれませんが、エアコンを取り外した跡は結構目立ちやすいのです。
特に、壁紙の色や壁に開いている穴が目立ってしまい、部屋が汚く見えてしまうでしょう。

□注意点を紹介!

マンション売却でエアコンといった付帯設備を外すときには、いくつか注意点があります。

*売買契約を結ぶまでは付けておく

エアコンのような設備は、外して引き渡すつもりでも買い手と契約を結ぶまでは外さないでおく方が良いでしょう。
先ほどお話ししたように、特に夏や冬では内覧の際にエアコンがないと、室内が居心地の悪い空間になってしまいやすいため注意しましょう。

*外す場合は買い手に早めに伝えること

設備を外す場合は、買い手に早めに伝えておく必要があります。
また、最近ではエアコンがすでについている物件も多いため買い手の中には、当然もらえるものと思っている方も少なくないでしょう。
もちろん、エアコンのような設備は売り手の所有物であるため、取り扱いは自由です。
しかし、買い手に事前に伝えておいた方が後のトラブルに巻き込まれる可能性は低くなるでしょう。
そのため、取り外すつもりであれば、早めに買い手に伝えておくのがオススメです。

□まとめ

今回は、マンションを売却する際のエアコンの取り扱いについてご紹介しました。
エアコンの取り扱いについては明確なルールがないため、基本的には売り手の自由です。
しかし、もし取り外すつもりであれば、買い手の方にも事前に伝えておきましょう。
そうすることで、スムーズに売買の取引が行えるでしょう。

この他にも売却する際に気になる事が出てくると思います。

その際には栄進にご相談下さい。古河市での不動産相談は栄進まで。

投稿日:2020/10/23   投稿者:須田純一