仲介手数料無料のメリットやデメリットとは?不動産を購入しようとお考えの方へ | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

仲介手数料無料のメリットやデメリットとは?不動産を購入しようとお考えの方へ

不動産を購入する場面で「仲介手数料無料」と聞くとなんとなくお得なイメージをされる方は多いのではないでしょうか。
たしかに、これはお金がかからない魅力的な言葉ではありますが、デメリットがあることを忘れてはいけません。
そこで今回は、仲介手数料無料のメリットとデメリットをご紹介します。

□メリットとは?

まずは、メリットからご紹介します。
メリットと言えば、やはり名前の通り手数料がかからないことでしょう。
不動産業者では取引をする際、「物件価格×3パーセント+6万円+消費税」が仲介手数料としてかかるのが一般的です。
そのため、不動産の購入ではこれが大きな負担になりやすいのです。

しかし、これが無料になることでその分の資金を物件自体に使えます。
そのため物件の選択肢が広がり、より自分好みの物件を選べることや、不動産の売買取引が成立しやすくなる場合も多いでしょう。

□デメリットと注意点も忘れずに!

メリットだけでなく、もちろんデメリットや注意点もあります。

*すべての物件とは限らない

多くの仲介手数料を無料にしてしまうと、仲介する会社は利益を得られません。
そのため、すべての物件が必ず仲介手数料無料になるとは限らず、このようなケースには仕組みがあるでしょう。
その代表例として考えられるのが、売り手が不動産業者である場合です。
これなら利益が売却益から出るため、仲介手数料が無料でも問題ないのです。

*価格に手数料が含まれている可能性もある

買い手が仲介業者に手数料の値切りを依頼した場合、仲介業者はその物件の売り手に販売価格の値下げを依頼することがあります。
売り手はその物件をできる限り売りたいため、値下げを依頼されたら受け入れる場合が多いでしょう。
売り手が値下げする前の価格で買い手に仲介し、その差額を手数料として受け取ってしまうのです。

つまりこのケースは、一見手数料が無料のように思えますが、実は手数料を負担していることになります。
これを回避するためには、まず物件の相場を把握しておきましょう。
相場を知ることで、物件価格に手数料が上乗せされているかどうか判断できるからです。
どういう仕組みでできているのかを正しく理解し、注意することが大切です。

□まとめ

不動産の仲介手数料無料がもたらすメリットとデメリットをご紹介しました。
メリットはお金がかからない点であり、反対にデメリットはすべての物件に適用されるとは限らず、知らないうちに支払っている場合があることでしょう。
上手くこのシステムを利用するためには、デメリットをしっかり把握しておくことが大切です。

古河市の不動産の事なら栄進にご相談下さい。

投稿日:2020/10/19   投稿者:須田純一