ローンが残っていても不動産の買い替えは可能? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

ローンが残っていても不動産の買い替えは可能?

「そろそろ新しい家を購入したい」
このようにお考えで、住宅ローンが残っている方はいらっしゃいませんか。
ローンが残っていると、新しく不動産を購入できるのか不安ですよね。
そこで今回は、ローンが残っていても不動産の買い替えが可能なのか詳しく解説していきます。
不動産を購入する前にぜひ参考にしてみてください。

□住宅ローンが残っていても買い替えはできる?

家の買い替えと言っても人それぞれ事情は異なります。
すでにローンを返済されている方もいれば、まだ残っている方もいらっしゃるでしょう。
最初に結論からお話しすると、住宅ローンが残っていても不動産の買い替えは可能なのです。
しかし、その際に知っておいて欲しいことがあります。

それは、基本的に家を売却する際は、その家の「抵当権」が抹消されていることが前提になることです。
住宅ローンを利用して家を購入された場合では、一般的に家に抵当権が設定されているでしょう。
そして、これを抹消するためには住宅ローンを完済する必要があるのです。

家の売却価格で残っている住宅ローンを完済できれば理想的ですが、中には売却価格が低いため完済できない場合も考えられるでしょう。
また、ローンを完済できるかどうかで、新しい物件を購入した際に利用するローンの種類が異なるため注意が必要です。

□買い替えローンを利用してみる!

売却価格が低いためローンが完済できないというケースは珍しくありません。
そんなときは、買い替えローンを利用してみるのも良いでしょう。
これを利用すると、ローンの残債分を新しく組んだローンに組み込めるのです。

*メリットとデメリット

まず最初に買い替えローンを利用するメリットからご紹介します。
メリットは、ローンの残債を完済させるための資金調達に加えて、より安い金利のローンに変更が可能なことでしょう。
一方で、利用することでデメリットもあります。
デメリットは、ローン残債が新しいローンに上乗せされるため、借入金額が増えてしまう可能性が高い点です。
そのため、しっかりと返済計画を立てた上でローンを組むことが重要です。

買い替えローンを利用する際は、このような点を事前にしっかり理解しておきましょう。

□まとめ

今回は、ローンが残っている場合の不動産の買い替えについて解説しました。
住宅ローンが残っている場合でも不動産の買い替えは可能です。
また、その際はメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、買い替えローンを利用するようにしましょう。

栄進では住宅ローンの相談も無料です。古河市でマンションから戸建・戸建からマンションなど住み替えをお考えの方、是非ご相談下さい。

投稿日:2020/10/09   投稿者:須田純一