不動産の売買の片手仲介とは?両手仲介との違いも合わせて紹介します | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産の売買の片手仲介とは?両手仲介との違いも合わせて紹介します

不動産の売買をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが片手仲介です。
これは、売り手と買い手のどちらか一方とだけ仲介を行うのが特徴です。
しかし、不動産会社の仲介には片手仲介の他に両手仲介というものがあるため、少しややこしいですよね。
そこで今回は、片手仲介について両手仲介との違いも合わせてご紹介します。

□片手仲介とは?

片手仲介について先ほども少しご紹介しましたが、ここからはもう少し詳しく解説していきます。
物件の売却依頼を受けた業者とは異なる業者が物件の買い手を見つけてきた場合、売却依頼を受けた業者は売り手に、買い手を見つけてきた業者は買い手に対して仲介業務を行うことになります。
これが、片手仲介です。

この最大のメリットは、公平な取引が行われることでしょう。
これは、売り手と買い手にそれぞれ仲介を行う業者がついているため、業者は担当する方の要望を最優先にして取引を行います。

そのため、無理な値下げ交渉が起きにくいのです。
また、両手仲介と比べてより広く買い手を探せますし、より良い条件で契約を成立させやすいでしょう。

しかし、一方で業者の業務姿勢に問題が起きやすいと指摘する方もいます。
その理由として、売り手または買い手のどちらか一方からの仲介手数料だけでは利益が少ないことが考えられるでしょう。
さらに、売却する物件の価格が低ければその分さらに仲介手数料も少なくなるため、業者が積極的に営業をしてくれない可能性が出てきてしまいます。

□両手仲介のメリットとデメリットについて

ここからは両手仲介のメリットとデメリットをご紹介します。

*メリット

メリットは主に2つあります。

まず1つ目は、交渉が簡単な点です。
片手仲介のように売り手と買い手それぞれに仲介業者が付いていると、交渉はお互いの業者を通す必要があるため時間がかかります。
その点、両手仲介は仲介に入るのが1社だけであり、他社を経由しなくていいため交渉が簡単にできるでしょう。

次に、買い手が付きやすい点です。
仲介業者が購入希望の客をすでに抱えている場合、すぐに買い手が付くため売却期間が短くなりやすいです。
さらに、条件が合う購入希望者がいれば数日から数週間程度で取引が成立することもあるでしょう。

*デメリット

最も大きいデメリットは、「囲い込み」のリスクがあることでしょう。
これは仲介業者が両手仲介にこだわりすぎてしまい、物件情報を他社に開示しないことや、他社からの購入希望者を寄せ付けないことです。ちなみに栄進では囲い込みはしませんのでご安心下さい。
こうなってしまうと、売り手は「早く売りたい」という希望が遠のいてしまったり、他社からの購入希望者の方が予算が大きかった場合では「より高く売りたい」という希望も叶えられなくなったりするでしょう。

□まとめ

今回は、不動産の片手仲介について両手仲介との違いとともにご紹介しました。
片手仲介の最大のメリットは、公平な取引が行われる点でしょう。
そのため、関係する方たちは安心して取引ができます。
これら2つがそれぞれどのように売り手と買い手に影響するのかにも注目してみるのも良いでしょう。

またいずれにしてもお客様の支払う仲介手数料は変わりませんのでご安心下さい。

古河市で不動産の売却・購入のご相談は栄進までお問い合わせください。

投稿日:2020/10/07   投稿者:須田純一