不動産売買における重要事項説明が不要になる場合とは? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売買における重要事項説明が不要になる場合とは?

「不動産を購入する際の重要事項説明ってどのようなものだろう?」
「重要事項説明を行う必要があるのかな。」
このような疑問をお持ちの不動産購入予定の方もいらっしゃると思います。
そこで今回は重要事項説明について詳しくご紹介します。

□重要事項説明とは

重要事項説明とは、物件に関わるさまざまな事項について説明を受けることです。
この説明は、内容が記載された書面に基づいて行われます。
この重要事項説明は購入後のトラブルを未然に防ぐため、書面を交付した上で宅地建物取引士が口頭で説明を行うことが義務付けられています。

内容は、対象物件に関する事項と取引条件に関する事項の2つに分けられます。
これらの事項は、宅地建物取引業法と呼ばれる規則で、細かく定められています。
購入を検討している段階で提示された条件と、異なった説明がされていないかを確認しましょう。
この際に、気になる点がある場合は、その場で質問することをおすすめします。


重要事項説明を受けて納得してから売買契約を行いましょう。

□重要事項説明を受ける必要がない場合とは

重要事項説明を行うことは義務付けられているため、通常は説明を受けずに契約は行えません。
しかし、例外として住宅を購入する方が宅建業者の場合は、説明を口頭で受ける必要はありません。
その理由として宅建業者は、不動産におけるプロであり重要事項説明の内容が書かれた書類を確認することで内容を理解できることが挙げられます。

また、業者の方が買主である場合は、購入する段階で条件のすり合わせを行うことが多く、契約直前に説明を行う必要はないと考えられています。
一方で、一般の方が重要事項説明書を一から理解することは困難でしょう。
そのため、不動産購入においてはとても重要な手順の1つだといえます。
疑問点が残らないように、細かな内容まで確認することをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産を購入したいとお考えの方に向けて重要事項説明について解説しました。
重要事項説明は、宅地建物取引士によって口頭で行われることが義務付けられています。
しかし、宅建業者は異例であることを知っておくと良いでしょう。

古河市の不動産の事なら栄進にご相談ください。

投稿日:2020/10/02   投稿者:須田純一