不動産の売買契約の際に売買契約書をなくしたらどうするべき? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産の売買契約の際に売買契約書をなくしたらどうするべき? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

不動産の売買契約の際に売買契約書をなくしたらどうするべき?

不動産売却を行う際に、不動産を買った時に発行された契約書が見当たらない方がいらっしゃるかもしれません。
契約書は大切な書類のため、なくしてしまうと不利益が生じる可能性があります。
今回はその不利益についてと対処法について解説します。

□契約書をなくした際に注意するべきポイント

不動産の売却を検討されている方が、売買契約書を紛失した際には、2つのポイントに注意する必要があります。
以下で、具体的に確認しておきましょう。

1つ目に注意するべきポイントは、税金が高額になる可能性があることです。
住宅を売却することによって得られる利益には、税金がかかります。
その利益のことを業界では、譲渡所得と呼ばれています。

譲渡所得がどういうものかご存じでしょうか。
譲渡所得は、不動産の売却価格から不動産の取得費また売却にかかった費用を引いたものです。
不動産を購入した時の契約書は、購入金額を証明する書類としてとても重要です。
そのため、契約書がないと確定申告を行う際に取得費用が証明できません。
取得費用が証明できない場合は、取得費は売却価格の5%として計算することになるでしょう。

本来の取得費用は売買価格の5%より高額である場合がほとんどです。
取得費用が低く計算されることによって、譲渡所得が高額になるでしょう。
上記で紹介したように譲渡所得には税金がかかるため、契約書をなくした場合は納める税金の金額が高くなる可能性があります。

2つ目の注意するべきポイントは、契約不適担保責任や説明責任に問われる可能性があることです。
不動産を売却する場合には、重要事項の説明を行う必要があります。
しかし、住宅を購入した際の契約書がない場合は、重要事項の全てを売却時に記載できない可能性があります。
必要な項目が全て記入されていない場合は、売主と買主の間でトラブルが発生する可能性があります。

このトラブルの発生を未然に防ぐために、説明責任を問われるかもしれません。
不動産会社も現地調査や役所の調査、書類調査を行いますが、限界があるため、記載漏れを防ぐためには契約書を保管しておくことが大切です。


□契約書をなくしてしまった時の対処法

上記でご紹介したように、購入時の売買契約書をなくしてしまった場合には、不利益を被る可能性があります。
そのため、売買契約書の再発行や代わりとなるものを準備しておきましょう。
具体的な方法として2つご紹介します。

1つ目は、不動産会社から売買契約書の写しを頂く方法です。
契約書は、購入時の仲介をしてもらった不動産会社にコピーを頂く方法です。

しかしながら不動産会社には保管義務の期間を過ぎてしまうともらえなくなる事もあります。

もう1つの方法としては、不動産を購入した際の相手方に連絡をして売買契約書のコピーをもらう方法が挙げられます。
中古のマンションや中古の戸建などを購入した場合には、仲介業者が関わっている場合が多いです。
仲介業者は契約書を保管している可能性が高いため、なくしたことに気づいたらまずは仲介業者に確認してみることをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産売却を考えておられる方に向けて、不動産購入時の売買契約書をなくしてしまった場合について解説いたしました。
住宅を売る場合にはとても重要な書類のため、紛失に気づいた際は再発行をしたりコピーを入手したりして対策を行うことをおすすめします。

古河市の不動産の事なら栄進にご相談下さい。

投稿日:2020/09/30   投稿者:須田純一