戸建ての購入をお考えの方に向けて戸建てにかかる維持費を紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

戸建ての購入をお考えの方に向けて戸建てにかかる維持費を紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

戸建ての購入をお考えの方に向けて戸建てにかかる維持費を紹介します!

「一戸建ての維持費には、どのような種類があるのだろう。」
「1年間にかかる維持費の金額について知りたい。」
このように、一戸建てにかかる維持費について疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、維持費の内訳や平均の金額についてご紹介します。

□維持費の種類

一戸建ての住宅で生活する上で必要な維持費には、いくつか種類があります。
その中でも、メインとなる3つの種類についてご紹介します。

1つ目は建築費です。
建築費は住宅を建てる時にのみにかかるとお考えの方も多いでしょう。
しかし、実際は一括払いではなくローンを組んで支払うことが多いため、継続的に支払う必要があります。
マイホームで暮らし始めてからも毎月決まった金額を支払うため、家賃の支払いのように感じるでしょう。

2つ目の種類は修繕費です。
住宅は時間がたつにつれて少しずつ劣化していきます。
そのため、長い期間生活するとメンテナンスが必要な箇所も出てくるでしょう。
このメンテナンスにかかる費用が修繕費です。

修繕費を抑えるためには、住宅を購入する際に劣化しにくい材質が使われているかを基準に選ぶと良いでしょう。
また、定期的に修繕が必要でないかチェックすることも大切です。

3つ目の維持費の種類は、税金です。
一戸建てを所有している場合、土地にかけられる税金と建物にかけられる税金を納める必要があるでしょう。
お住まいの自治体の案内に従って、納税をする必要があります。

□どのくらいの維持費がかかるのか?

上記では維持費の種類についてご紹介しました。
それらの維持費を合計すると、年間で約40万円かかると言えるでしょう。
一般的に、新築の一戸建てに30年間住んだ場合、30年間の合計で1200万円ほどかかるとされています。
この金額を30年で割ると1年間は約40万円になるでしょう。

これは30年間の平均のため費用の金額はタイミングによってばらつきが出ます。
その理由として、維持費には毎年払う必要がある固定費と、必要となるタイミングが異なる費用があるからです。

必要となるタイミングが異なる費用としては修繕費が挙げられます。
新築の住宅は購入した直後に、住宅に不具合が起こることは少ないため、住み始めてすぐの段階ではメンテナンスの費用はかからないでしょう。
一方で経年劣化が進むと大規模なメンテナンスが必要になる場合もあります。
そのため、住宅に住み始めてから時間がたつにつれてかかる維持費は高くなる傾向があるでしょう。

将来的にかかる維持費も考慮に入れて、資金計画を立てておくと良いでしょう。
また、この資金計画を立てる際は、日々の生活で必要な費用だけではなく、お子様にかかる教育費なども含めて考えることをおすすめします。

□まとめ

今回は、一戸建ての購入後にかかる維持費についてご紹介しました。
マイホームを購入したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
さらに維持費について知りたい方は、お気軽に当社までご相談ください。

古河市で新築戸建をお探しの方は栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/09/21   投稿者:須田純一