どの方角の戸建てがいいの?それぞれの方角のメリットやデメリットを紹介 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

どの方角の戸建てがいいの?それぞれの方角のメリットやデメリットを紹介

一戸建ての購入を検討中の方で、方角について詳しく知りたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
家の向きによって日当たりの良さは変わるため、方角はとても重要なポイントですよね。
そこで今回は、住宅の向きについて詳しくご紹介します。

□おすすめの方角は断言できない?

住宅の方角において、一番良い方角を断言することは困難です。
その理由は家族によって、ライフスタイルが異なり適した方角が異なるからです。
以下でそれぞれの方角の特徴について解説するため、家族の生活スタイルに合った方角を見つける際の参考にしていただけると幸いです。

東向きの特徴として、朝の日差しが強いことが挙げられるでしょう。
朝に目覚めてから日光の光を浴びることは、体内時計を整えるという意味でも体に良い影響を与えてくれると考えられています。
また、冬場にも朝から光が差し込むため、部屋を温めてくれる効果も期待できるかもしれません。
一方で、夏場には朝から気温が上がりやすくなるため注意が必要です。

西向きの特徴としては、午後に太陽の光を取り入れられることが挙げられるでしょう。
そのため、午前中はゆっくり過ごし、午後から活動したいと考えている方におすすめです。
しかし夏場には、西日によって眩しかったり暑いと感じたりする場合があるため、西向きを避ける方もいらっしゃいます。

南向きには日当たりが良いと言う特徴があるでしょう。
朝から夕方まで、まんべんなく住宅内に光が差し込むため、住宅内部も明るく感じられます。
日本にお住まいの方は日当たりの良さを重視して住宅を選ぶ傾向があるため、南向きにベランダなどがある住宅は人気が高いでしょう。
人気の高さに伴って、購入費用も高額になる傾向があることを知っておくと良いでしょう。

最後に、北向きの住宅の特徴についてご紹介します。
一般的に北向きの住宅は、日当たりが悪いため人気がないと考えられています。
しかし、日当たりが悪いことには、デメリットだけではなくメリットもあることをご存じですか?
それは夏場に日差しが差し込まないことによって、涼しく快適に過ごせることです。
住宅が密集している地域では、東向きや西向きであっても日差しが入らない場合もあります。
そのため、日当たり以外の基準で検討する場は、北向きの住宅は購入費用が抑えられる傾向があることはメリットだと言えるでしょう。

□日当たりが良くない場合の対策法

住宅の向きによって理想的な日当たりが得られない場合もあるでしょう。
しかし、間取りやインテリアを工夫することで、部屋全体を明るく見せられます。
以下で、それぞれの工夫を確認しましょう。

間取りにおいては、窓を設けたり、吹き抜けを設けたりすることでより多くの光を取り入れられます。
また、リビングの位置を2階にすることでたくさん光を取り込み明るい空間になるでしょう。

内装では、ホワイトやパステルカラーのように明るい色を使用することがおすすめです。
色を工夫することで、部屋全体を明るい印象に変えられるでしょう。
また、間接照明を設置する等の工夫を行うことで、さらに明るくおしゃれな住まいにも仕上げられます。

□まとめ

今回は、住宅を購入しようとお考えの方に向けて、方角について解説しました。
それぞれの方角にはメリットとデメリットがあることが、お分かりいただけたでしょうか。
購入する住宅を決める際に、ぜひ参考にしてみてください。

古河市で住宅購入をお考えの方、栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/09/18   投稿者:須田純一