一戸建てに必要な駐車場の広さとは?知っておきたいポイントを解説します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

一戸建てに必要な駐車場の広さとは?知っておきたいポイントを解説します!

一戸建てを購入する際に、多くの方が敷地内に駐車場を作るでしょう。
その際に、どのくらいの駐車スペースを設ければ良いか分からない方も多いのではないでしょうか。
駐車場の大きさを見誤ると、駐車場トラブルが原因で快適な生活が送れなくなる可能性があります。
今回は一戸建てに必要な駐車場の広さについてご紹介します。

□あらかじめ必要な広さを押さえておくことが重要!

駐車場の広さについて考える際には、まず乗っている車によって必要な広さが変わることを理解しておきましょう。
なぜなら、一戸建てを購入した後に駐車しづらいと気がついたり、今後車を買い替えたときに広さが足りなくなったりするなどの不満が出やすいからです。
そのため、新しく家を購入する際はあらかじめどれくらいの広さが必要なのか押さえておくのが大切です。

メーカーによって車の大きさは異なりますが、軽自動車は全長3.4メートル、車幅が1.48メートル、中型車は全長が4.8メートルで車幅が1.7メートルです。
このように車種によって大きさは違いますが、駐車場に必要な広さは、車種の全長に0.8メートル、横幅は車幅に1.2メートルを足した大きさを目安にすると良いでしょう。

一般的には普通車なら幅2.5m×長さ5m、軽自動車なら幅2.3m×長さ4mが目安になります。

□広さを考える際のポイントを紹介!

次に、駐車場に広さを考える際のポイントをご紹介します。

まず、広さを考える上で、現在使用している車だけでなく、将来的に車を買い換えることも想定しておくことが重要です。
例えば、現在は軽自動車を所有しているが、将来的に子供が生まれて大きなファミリーカーを購入するとします。
その場合、軽自動車分の広さしか確保できていないと、とても不便に感じてしまうでしょう。

また、友人や親戚などが来た際に駐車する分の広さや車いすが通れる分の広さも考えておくのがオススメです。

近くにコインパーキングがあればさほど問題ではないですが、ない場合は路上に駐車してしまう可能性もあります。
そのため、できるだけ敷地内に余分な広さを用意しておく方が良いでしょう。

一度、駐車場を作ってしまうと、新しく作り直すのは容易ではありません。
そのため、あらかじめ、さまざまな可能性を考慮してからプランを決めていきましょう。

□まとめ

今回は、一戸建てに必要な駐車場の広さについてご紹介しました。
駐車場の広さは、将来を見据えて広めに確保しておくのがオススメです。
しかし、ただ広ければ良いというわけではありません。
家族構成やその土地の広さ、ライフスタイルによって適切な広さは変わるため、それぞれに合った広さを見つけることが重要です。

古河市の不動産の事なら栄進にご相談下さい。

投稿日:2020/08/21   投稿者:須田純一