不動産売買を仲介なしで行うとどんなメリットがある? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売買を仲介なしで行うとどんなメリットがある?

最近は、ネットを通じて個人間が直接物の売買をする機会が増えてきています。
では、不動産も仲介業者を通さずに購入したり、売却したりできるのでしょうか。
実は、不動産売買でも、必ず仲介業者に依頼しなければならないわけではなく、仲介なしで取引できます。
今回は、不動産売買を仲介なしで行うメリットをご紹介します。

□仲介なしで行うメリットとは?

仲介なしで行う1番のメリットは、仲介手数料を払う必要がないことです。
不動産売買を行う際に、ちょっとでも費用を抑えたいと考えている場合は、仲介なしの選択を検討してみると良いでしょう。
しかし、買い手を見つけたり、売買契約書の作成をしたりするなどの作業を、ご自分で行わなければならないためハードルは高いと言えます。

2つ目は、他人に売買を知られないことです。
仲介業者を通した売買の場合、仲介会社をはじめとする第三者に不動産売買を行うことを知られてしまいます。
反対に、仲介なしで売買が完結すれば、売り手と買い手以外に知られる心配はありません。

しかし、仲介業者を挟んだ場合でも、広告媒体に載せずに活動を進められることも理解しておくと良いでしょう。

□売買を行う際は不動産会社に依頼するのがオススメ!

仲介なしで行うことで、さまざまな利点がありますが、一方でトラブルが発生しやすいなどのリスクもあります。
そのため、不動産売買に慣れていない方は、不動産会社に依頼すると良いでしょう。

不動産会社を利用すべき理由として、重要事項説明書を作る資格を持っているからです。
重要事項説明書と呼ばれる書類を作成できるのは、不動産会社だけです。
「特に説明書はいらない」と思われるかもしれませんが、この書類は、買主が住宅ローンを借りる際に必要です。

また、さまざまな交渉を行えるのも不動産会社を利用するメリットと言えるでしょう。
不動産売買は、多くのお金が関わるため、トラブルに巻き込まれる可能性も少なくありません。
実際に契約を進めていくうちに、売主、買主それぞれの要求がたくさん出てくるでしょう。
そういった中で、不動産会社は、それらを交渉して上手くまとめてくれるため、できるだけトラブルを避けたいという方はプロの力を借りることを検討してみてください。

□まとめ

今回は、不動産売買を仲介なしで行うメリットをご紹介しました。
不動産は個人同士で売買を行うことで、仲介手数料がかからないなどのメリットがあります。
しかし、その分リスクがあることも理解しておきましょう。
できるだけトラブルなく不動産取引を行いたい方は、仲介会社を利用することをオススメします。

古河市の不動産の事なら栄進にご相談下さい。

投稿日:2020/08/14   投稿者:須田純一