不動産売買の契約が白紙解除になる住宅ローン特約とは? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売買の契約が白紙解除になる住宅ローン特約とは?

住宅の売買契約をする場合の多くが、金融機関から住宅ローン融資を受けて代金が支払われます。
しかし、借入をして代金を支払う計画を立てて、売買契約を結んだにも関わらず、金融機関から借入ができないと困りますよね。
そのような場合に備えるために住宅ローン特約があります。
今回は住宅ローン特約についてご紹介します。

□住宅ローン特約とは?

住宅ローン特約とは、買い手が住宅ローンの本審査に通らなかった場合のために、契約を解除できるというものです。
これによって、売買契約が初めからなかったものとして「白紙解除」されます。
もちろん、手付金はそのまま返され、損害賠償請求もできません。

通常は、売買契約を結ぶ前に事前審査は内定しています。
それにも関わらず、本審査が通らなかった場合に備えて、買い手側を保護するための特約となっています。

このように、住宅ローン特約は買い手側の本審査が通らなかったという事態に備えたものであり、売り手側には何のメリットもありません。
むしろ契約を白紙解除されるリスクがあることを理解した上で、買い手側は誠実な行動を心がけましょう。

□住宅ローン特約を結ぶ際の注意点とは?

住宅ローン特約を結んでいて審査に落ちたとしても、必ずしも契約を解除できるわけではありません。
特約が認められない例として、買い手側が故意に審査が通らないよう仕向けた場合が挙げられます。

売買契約を結んだ後に、さらに良い物件を見つけたなどの理由で一方的に契約解除をしたとします。
その場合、手付金が返ってこなかったり、違約金が発生したりすることがあります。
このようなことを避けるために、故意に住宅ローンの審査が落ちるようなことをした場合、契約の解除はできません。

このように、契約を無条件で解除できない場合もあるため、特約を結ぶ際はあらかじめ条項をしっかりと確認しておきましょう。
特に、借入金額、金融機関、融資が認められるまでの期日を確認しておく必要があります。
これらの内容通りに申請を行い、万が一、それが通らなかった場合のみ特約が有効になります。
逆に、どれか1つでも異なっていた場合は契約を解除できないため注意が必要です。

□まとめ

今回は住宅ローン特約についてご紹介しました。
気に入った不動産が見つかった際に、欲しいという気持ちが先走って資金計画や売買契約書の見直しが疎かになってしまう場合があります。
不動産売買の契約前は冷静に契約書の内容や条件などを確認しておきましょう。

トラブルの無いように栄進では最善を尽くしたいと思います。
古河市の不動産売買でお困りの方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

投稿日:2020/08/05   投稿者:須田純一