新築を検討中の方へ!耐震補強のポイントを解説します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

新築を検討中の方へ!耐震補強のポイントを解説します!

新築の購入を検討中の方で、耐震補強について詳しく知りたいという方は多いと思います。
家の購入自体が人生において何度も経験することではないで、地震対策についてまで詳しい方は少ないかもしれません。
そこで今回は、耐震補強のポイントについて解説します。

□新築の耐震補強の方法とは

基本的に補強は耐震診断の結果を基にして補強すべきポイントを見つけ出して見合った処置を施すことになります。
新築の場合は、はじめから揺れの弱点になりそうな箇所を補強しながら建築していきます。

*地盤の改善と基礎の補修

地盤が沈下している箇所を部分的に修正する沈下修正工事や、鉄筋の入っていないコンクリート基礎に、鉄筋コンクリートの基礎を継ぎ足して補強する工事などがあります。

また、湿気が多い地域では、基礎部分に換気設備を整えたり防湿シートを貼ったりしてカビやシロアリが発生するのを防いでおきます。
これらは気づいてからの処置では手遅れであるケースが多いので新築で建てる際に施してもらうのがおすすめです。

*壁や結合部分の補強

壁を強化する手段としては筋交いを入れる方法と、構造用合板を使って耐力壁を作る方法があります。

また、家の四隅を窓ではなく壁にすることで耐震性は増加します。
日常では見えないような土台と基礎や柱と筋交いといった結合部分を新しく家を建てる段階で補強しておくという手段を取る場合もあります。
最近では、屋根に金属ルーフを使用して屋根全体を軽くし耐震性を高める方法も取られます。
屋根を軽量化させると家自体の重心が低くなり揺れに強くなることを覚えておくと良いでしょう。

□耐震補強は必要なのか

耐震補強はお金もかかってしまうし本当に必要なのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。

しかし、地震大国と呼ばれるほど地震が頻発している日本において耐震補強をしていないのは自殺行為であると言えます。
南海トラフなどの大地震が今後も起きる可能性がある中で家族を守るためにも耐震化を進めておきましょう。

また、東日本大震災の影響を受けて耐震基準が厳しくなっていっています。
せっかく新築を立てたのにすぐに耐震リフォームをすることになるとお金がもったいないですよね。
そうならないようにしっかり新築の段階で耐震設備が整った家を選択するようにしてください。

□まとめ

今回は新築における耐震補強の要点を説明しました。
長く安心して生活していくためにも、新築を建てたり、選んだりする段階から耐震性能をチェックしてみてください。

当社は古河市を中心に多くの不動産を取り扱っております。

新築についてのお悩みの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

投稿日:2020/05/25   投稿者:須田純一