古河市で新築をご検討中の方へ!税金の種類について解説します | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

古河市で新築をご検討中の方へ!税金の種類について解説します

家を購入しようとすると、多額のお金が必要です。
そのため、家を買うときにはどれくらいの費用が必要になるのか把握しておく必要があるでしょう。
住宅の購入にかかる費用の中には、税金の支払いもあります。
この記事では古河市で新築をご検討の方に向けて、税金の種類について解説します。


□土地や住宅を所有していると課税される税金

土地や住宅を所有していると課税される税金は、固定資産税と都市計画税が挙げられます。
不動産を所有している者にとって、大きな経費となるのがこの2つです。
それでは、これらがどのような税金なのかそれぞれご説明します。

*固定資産税とは

固定資産税は不動産を所有している方に課税される地方税の1つで、毎年1月1日に課税されます。

請求書は4月頃に古河市から郵送で届きます。
固定資産税の金額は、所有者がもつ不動産の評価額によって変わります。
固定資産税の計算方法は、「固定資産税評価額×税率」で計算されます。

固定資産税評価額は土地や建物の金額を表すものですが、実際に売買される値段ではありません。
固定資産税評価額は課税のために定められた不動産の評価額であり、土地の時価や住宅の建築費の70%ほどと言われています。

固定資産税の税率は基本的には1.4%と定められています。
しかし、自治体によって税率が異なる場合もあるため、お住いの自治体のホームページをご確認ください。

*都市計画税とは

都市計画税は固定資産税と同様に、不動産を所有している方に課税される地方税です。
固定資産税と同時に支払うことがほとんどで、固定資産税とほとんど同じとお考えの方も多いでしょう。

都市計画税と固定資産税の違いは、用途の違いとされています。
都市計画税は、納めた自治体の都市計画の費用に充てられ、下水道事業や街路事業に使われます。
そのため、都市計画区域内でない市町村の場合は課税されません。

都市計画税の計算方法は固定資産税と同様ですが、税率が異なります。
自治体によって異なりますが、最大で0.3%と定められています。


□不動産を取得したときにかかる税金

不動産を取得したときには、不動産所得税という税金を納めます。
金額の計算方法は固定資産税と同様で、住宅の場合の税率は3%です。

不動産所得税では軽減措置がされる場合があり、新築住宅の場合は固定資産税評価額から1200万円控除されます。
単純計算で36万円の不動産所得税が軽減されるため、とてもありがたい措置と言えるでしょう。

この軽減措置は、課税床面積(建物の各階の床面積を合計した面積)が50平方メートル以上、240平方メートル以下である住宅が対象です。ただしこの軽減措置はご自身での申告が必要になります。支払いされた方でも返金していただけることもありますので調べていただけたらと思います。


□まとめ

この記事では、不動産に関わる税金の種類について解説しました。
当社は古河市を中心にして多くの不動産を取り扱っています。
新築についてお悩みの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

投稿日:2020/05/15   投稿者:須田純一