新築を購入したい!リビングを広く見せるポイントを紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

新築を購入したい!リビングを広く見せるポイントを紹介します!

新築の住宅を購入しようとご検討している方の中には、部屋の広さを気にしている方も多いと思います。
特に、ご家族が集うリビングの広さは重要と感じるでしょう。
この記事では、新築の住宅のリビングを広く見せるポイントについて解説します。


□間取りを工夫してリビングを広く見せよう

注文住宅では、間取りを自分で決められます。
リビングの間取りをできるだけ広くするのも構いませんが、そうすると他の部屋を狭く設計する必要があります。
部屋の広さは限りがあるため、部屋を広く見せる工夫が家づくりに置いて必要になってきます。

同じ帖数の部屋であっても、ポイントを理解していれば広い部屋に見せられるでしょう。
それでは、リビングを広く見せるポイントを紹介していきます。

広いリビングに見せるポイントの1つは、天井を高くすることです。
一般的に、高い家具を置いている部屋は狭く見えると言われていることをご存知でしょうか。
視界をさえぎるものが多い部屋は圧迫感があり、狭く感じてしまいます。

天井は視界をさえぎるものの1つなので、天井が高い部屋は広く見せられます。
リビングの構造を吹き抜けにすると、部屋が広く見えて開放的なリビングになるのでオススメです。

吹き抜けに抵抗がある方は、勾配天井にするのも良いでしょう。
勾配天井は、屋根勾配によって天井が斜めに設計された天井です。
屋根の下のスペースを有効的に利用できるため、屋根勾配がある部屋の天井は勾配天井にして広く見せましょう。


□インテリアによってリビングを広く見せる

同じ広さの部屋でも家具の種類や配置によって、体感の広さは大きく異なります。
住宅が完成したら、家具の置き方にもこだわりましょう。

家具の置き方で重要なポイントが、視線が抜けるようにすることです。
前述の天井を高くすることにも通ずることですが、部屋を広く見せるには視線をさえぎるものがないことが大切です。
家具を少なくしたり低い家具を使ったりすることで、家具で視線がさえぎられずに部屋を広く見せられます。

特に、ダイニングテーブルやソファに座っている時の視界には注意して家具を配置するようにしてください。
座ったとき、正面の壁までが遠いことや正面に窓があることが開放的で居心地の良いスペースであることの条件だと言えるでしょう。

これらの場所はリビングの中でも利用頻度が高い生活スペースなので、これらを中心にしてレイアウトを考えると居心地の良いリビングになります。


□まとめ

今回はインテリアコーディネーターでもある栄進スタッフが、リビングを広く見せるポイントについてご紹介しました。部屋を広く見せるためには、視線を遮らないことが大切です。
新築の住宅をご購入される方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

投稿日:2020/05/08   投稿者:須田由梨枝