新築をお考えの方へ!キッチンで失敗しないための対策方法を解説します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

新築をお考えの方へ!キッチンで失敗しないための対策方法を解説します!

キッチンは新築で失敗しやすい箇所の1つです。
どんなところに気を付けるべきか、自分にあったキッチンが分からないなど、キッチンに関する悩みはたくさん出てきますよね。
そこで今回は新築をお考えの方に向けて、キッチンで失敗しないために失敗例や注意すべきポイントについて紹介します。

□新築のキッチンでよくある失敗とは

キッチンで失敗しやすいのは、収納、システムキッチンの高さ、キッチンスペースの狭さの3つが挙げられます。
ここからはそれぞれの失敗例と対策について紹介します。

*収納に関する失敗

収納では物が取り出しにくく不便という失敗が多いです。
「重ねれば入るけど一番上のものしか取り出すことができない」、「高い位置に収納スペースがあり、奥まで手が届かない」、「床下収納の位置が悪く取り出しにくい」などのパターンがあります。
他にも収納スペースが足りない、パントリーを作ったものの換気が悪くて使えないなどの失敗もあります。
キッチンを選ぶときは、収納の容量が足りるか、取り出しやすさを考慮に入れましょう。

*システムキッチンの高さに関する失敗

システムキッチンでは標準の高さを選んで失敗したというケースが多いです。
作業台の高さは変えることができます。
使う人に合わせた高さに設定しましょう。
一般的には身長の半分プラス5cmが良い高さとされています。
また、最近のショールームではちょうど良い高さを体験できるので活用すると良いでしょう。

*キッチンスペースが狭さに関する失敗

リビングを広く取ったことによるしわ寄せでキッチンが狭くなるという失敗が多いです。
食器棚や冷蔵庫を置くスペースや人が立つスペースを考慮して十分な広さを確保しましょう。
また、アイランドキッチンやカウンターキッチンにすると、幅をとるため、4.5畳から6畳ほどの広さが必要になります。

□新築キッチンで失敗しないためのポイントとは

失敗例で挙げた以外にも注意すべきポイントがあります。
1つめは配置と間取りです。
最近は家族とコミュニケーションを取りやすいようにキッチンを家の真ん中に配置するのが人気となっていますが、においや音などに不満を感じる場合もあります。
キッチンの人の出入りが多くなるので、料理に集中したい人は、独立型のキッチンの方が良いでしょう。
2つ目は照明です。
影ができると、調理がしにくくなってしまいます。
見栄えも大事ですが、作業のしやすさを優先すると良いでしょう。
3つ目はパントリーです。
奥行をつけると、大きなものがしまえたり、たくさんしまえたりできますが、物の管理は奥行が浅い方が行いやすいです。
使い勝手も考えて、キッチンだけでなく、玄関からのアクセスも考えましょう。
また、空気がこもりやすいので、換気についても考えておく必要があります。

□まとめ

今回は新築をお考えの方に向けて、キッチンで失敗しないためのポイントについて紹介しました。
キッチンを考えるときは実際に使用するイメージを持つことが重要です。
失敗例や注意すべきポイントについて理解し、満足のいくキッチンを手に入れましょう。

投稿日:2020/04/13   投稿者:須田純一