マンションの売却に最低限必要な費用とは? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションの売却に最低限必要な費用とは?

マンションを売却する際にどのくらいの費用が必要かを知りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
マンションを売却すると、利益は自分の元に残ります。
しかし、売却活動は、費用なしでは行えません。
どのようなことに費用がかかるのでしょうか。
そこで今回は、マンションの売却に最低限必要な費用について紹介します。


□マンション売却にかかる費用一覧

マンション売却にはどのような費用がかかるのでしょうか。
売却には意外と多くの種類の費用がかかります。
それぞれの費用を知らずに売却を進めると、予定よりも利益が少ないと思ってしまいます。

まずは、譲渡所得税です。
譲渡所得税とは、マンションの売却による利益にかかる税金で、マンションが購入よりも高い価格で売却できた場合は確定申告で所得税も納税しましょう。

また、住民税も売却の利益にかかります。
所得税の確定申告と合わせて納税できます。

売却にかかる税金はこれだけではありません。
他には、復興特別税がかかります。
復興特別税とは、東日本大震災の復興財源を確保するための税金です。
譲渡所得にかかる所得税に対して税率をかけて、所得税と合わせて納税します。

印紙税も忘れてはいけません。
印紙税は、売買契約書に貼る収入印紙にかかる費用のことです。
印紙税にかかる費用も、売却価格により変わるため、確認しておきましょう。

マンションの売却では不動産会社に仲介手数料がかかります。
売却をする際には、不動産会社に売買活動を代行してもらいます。
それにかかる費用が、仲介手数料です。

仲介手数料は、すべての不動産会社で同じではありません。
その使い道はどのようなものでしょうか。

仲介手数料は、不動産売買の営業活動における成功報酬です。
売買活動では、マンションの宣伝活動にお金がかかります。
詳細には、人件費やポスティングするチラシの費用などに当てられます。

マンションを売却する際には、抵当権を抹消する必要があるでしょう。
抵当権の抹消は、司法書士に依頼するのが一般的です。
司法諸費への依頼費用として、数万円程度の費用がかかります。

ハウスクリーニング費用も、マンション売却費用に含まれるため気をつけましょう。
売却できれば、きれいに引き渡したいという方も多いです。
その場合、ハウスクリーニングに依頼して、きれいにしてから引き渡しましょう。

またリフォームしてからの売却でしたら良い値段で売れる可能性も広がります。


□まとめ

今回は、マンションの売却に最低限必要な費用について紹介しました。
売却には多くの費用がかかりました。
費用を把握していないと、売却が終わってから思っていたよりも利益が少ないと思ってしまいます。
しっかり確認して、後悔しないようにしましょう。

古河市のマンションの査定はこちらから♪

投稿日:2020/02/27   投稿者:須田純一