新築でよくある間取りの失敗例とは?対策方法も解説します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

新築でよくある間取りの失敗例とは?対策方法も解説します!

新築の間取りで失敗しないか不安だとお考えの方はいらっしゃいませんか。
新築のメリットには、間取りを自由に決められるという点もあります。
しかし、自由に決められるため、失敗してしまうこともあります。
せっかくの新築なので、失敗したくありません。
そこで今回は、新築の間取りの失敗例とその対策について紹介します。


□間取りの失敗例

間取りでは、どのような点で失敗してしまうのでしょうか。
実際多くの人が、間取りを公開しています。
まずは、過去の事例から失敗を学びましょう。

間取りの失敗例には、家事動線の悪さが挙げられます。
家事動線とは、家事をする際にどのように動くかという道のことです。
例えば、洗濯機は1階で物干しは2階にある場合、洗濯のたびに階段を上り下りする必要があるでしょう。

このように、家事動線の悪い住宅の場合、家事をするたびに大変な思いをします。
その結果、失敗したと感じてしまいます。

その他には、部屋が暗くなるという失敗があります。
採光を無視した間取りにすると、部屋が暗くなる場合があります。
特に、昼のリビングが暗いと、家全体が暗い印象になりますよね。

また、収納の位置や量で失敗するという事例もあります。
収納が入りきらない部屋があったり、収納があまりすぎているため物置のようになったりする場合です。


□間取りで失敗しないための対策

せっかく新築で一戸建てを建てても、間取りで失敗しては台無しです。
そのため、間取りを失敗しないために、十分に対策を練りましょう。

まずは、家事動線の失敗の対策です。
家事動線は、間取りの設計図を見ながら家事をする場面を想像すれば失敗しにくいです。
例えば、洗濯関連は一箇所に集めるなどのイメージをしながら考えましょう。

次に、部屋の明るさの対策です。
部屋の明るさは、部屋にいる時間で決めましょう。
例えば、リビングは昼に明るくする必要があるので、昼に明るくなるところにリビングを設置しましょう。

そして、収納の対策です。
収納は、今住んでいる家を基準に考えましょう。
今住んでいる家の、それぞれの部屋で収納がどのくらい必要なのかを考えて、新しく建てる家にも反映させましょう。


□まとめ

今回は、新築の間取りの失敗例とその対策について紹介しました。
新築は間取りで失敗してしまう事例は、意外に多かったです。
しかし、前もって対策しておけばどれも避けられるものです。
しっかり対策を打って、間取りで失敗しないようにしましょう。

当社は、茨城県・栃木県を中心に不動産情報を提供しています。

新築戸建ツアーもありますので、お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2020/03/21   投稿者:須田純一