戸建てを購入しよう!長期優良住宅のメリットとは? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

戸建てを購入しよう!長期優良住宅のメリットとは?

「長期優良住宅について詳しく知りたい。」
「長期優良住宅のメリットとは?」
戸建ての購入をご検討中の方で、このように長期優良住宅にご関心がある方は多いではないでしょうか。
長期優良住宅はいくつか、税金の控除が受けられます。
そこで今回は、長期優良住宅についてメリットを含め解説していきます。


□長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、長期間にわたり、良好なまま使用するために、法律に基づいて品質が確保された住宅です。
具体的には、バリアフリー性やライフスタイルの変化に沿った可変性があったり、周辺の環境の整備や、戸建ての住居面積が広かったりするものです。


□メリットは?

長期優良住宅とは、決められた戸建ての条件を満たした上で、行政から認定された時点で長期優良住宅とみなされます。
それによって、税金が優遇されるという利点があります。
優遇される税金は以下の3つです。
・不動産取得税
・住宅ローン
・固定資産税
ひとつひとつ解説していきます。

*不動産取得税

不動産取得税とは、土地、不動産の売買や贈与、相続など、不動産を取得するとかかる税金です。
登記するしないにかかわらず、不動産を取得したというだけでかかる税金のことを言います。
これは、不動産の価格化×税率で計算できます。
これは都道府県に払うもので、大阪府の税率は、取得日が平成20年4月1日から令和3年3月31日の場合、土地は3%、住宅、3%、住宅以外4%かかります。
通常、不動産取得税を申請すると、控除という金額の一部が差し引かれますが、これは、不動産価格から減額される仕組みです。
一般住宅の場合の控除費用は、1200万円ですが、長期優良住宅だと、1300万円の控除が受けられます。

*住宅ローン

不動産の購入が決まると、住宅ローンを組むのが一般的です。
この住宅ローンは、一般住宅の場合、控除対象借入限度額が、最大4000万円ですが、長期優良住宅は、最大5000万円となっています。
控除期間が10年間だとすると、控除額は、一般住宅が400万円で、長期優良住宅は500万円まで可能です。
このように、住宅ローンに関しては、最大で控除が受けられる金額が変わってきます。

*登録免許税

住宅を建てるときに、建物の所有権を法的に証明するものとして登記があります。
この登記をするときに、かかってくる税金のことを登録免許税と言います。
登記免許税は、登記の種類によって異なりますが、一般的な住宅の控除額は不動産価格に対して0.15%の税金です。
一方で長期優良住宅は、不動産価格に対して0.1%の税金が優遇されます。


□まとめ

以上、今回は、長期優良住宅について詳しくメリットを含め解説しました。
長期優良住宅は、一般住宅と異なり、税金の面で優遇されることが多いです。
当社は、茨城県、栃木県を中心に不動産情報を提供しています。
新築戸建見学ツアーもありますので、お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2020/02/06   投稿者:須田純一