「デュアラー」が2019年の住まい領域の新しいトレンドだということを知って感じたこと。 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

「デュアラー」が2019年の住まい領域の新しいトレンドだということを知って感じたこと。

デュアラー??

初めて聞く方も多いのではないでしょうか?

私は最近、これがトレンドだいうニュースを見て、初めて知りました。

 

DUAL(デュアル)とは、「二重の」「二通りの」という意味です。

 

つまり、デュアラーとは「都心と田舎の2つの生活を楽しむ人」のことを

指すようです。

 

かつては、リタイヤ層や富裕層がこのライフスタイルを実践していましたが、

最近は20代~30代、ファミリー層などに広がっているようです。

 

ここで注目したい点は、

ファミリー層が広がっていることだ。

 

子育てをしていると、都心だけでは得られない自然や広々とした空間が手に入りやすい。

とはいえ、まだまだ仕事を田舎で行うだけの環境の整備ができていないケースも多い。


古河で考えると、住んでいながら

「都会と田舎が両立できる」

 

とはいえ、通勤まで1時間はかかる。

この距離を短いと感じるかどうかは人それぞれだが、

私としては最近長いと感じる距離だ。

 

・子供が熱を出したから迎えに来てほしい。

・子供の行事に半日参加して、半日仕事をする。

・地域活動をしながら家事をする。

 

そんな風に今どきの既婚子持ち男性は求められることが

仕事だけではないので、どうしても絶対的に時間が必要である。

 

そんなときには、通勤時間は短いほうが動きやすい。

(当然、仕事の同僚や関係者等の調整も必要だが)

 

デュアラーという新しい暮らし方をする方々を見て、

私ももっとスマートに快適に暮らせる方法を模索し続けていきたいと

感じました。

投稿日:2019/07/05   投稿者:-