日記一覧 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業57年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

日記

DIARY

マンション売却を決めたときに最初に悩むことが業者選びではないでしょうか。
業者は、たくさんあるのでどこに任せるべきか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、マンション売却時の業者の選び方について紹介します。

□マンション売却での不動産業者の役割とは

「不動産の仲介業って何をしているのか」と疑問に思いますよね。
不動産業者はマンション売却に関するほぼ全ての仕事を行います。
具体的には、マンションの査定、売買金額の相談・アドバイス、販売活動、内覧会の準備、買主との交渉代理、売買手続き、物件の引き渡しなどが挙げられます。
報酬として売却金額の3パーセント+6万円までの金額を仲介手数料として業者が受け取ります。

□不動産業者の選び方とは

不動産会社はたくさんあり、ホームページなどを見てもどこが良いのか判断するのが難しいですよね。
ここからは良い不動産会社を選ぶための主な基準を3つ紹介します。

*いくつかの不動産会社に相談してみる
1社のみだと査定の比較ができず、相場をつかむのが難しくなるので、複数の不動産会社に査定を依頼してみましょう。
また、査定額の根拠を聞いてみることもおすすめです。単に金額が高いだけでその会社に依頼するのは危険です。高額な金額で販売活動をしても長い期間売却できないケースもあります。
対応が丁寧でなかったりすると、良い業者ではないと判断できるでしょう。気の合う業者と付き合うべきだと思います。

*宅地建物取引業の免許があるか

建物の売買や賃貸の媒介などの宅地建物取引業を行うには、宅地建物取引業という法律に基づき、国からの免許が必要になります。
免許がない場合は違法となります。
不動産会社が免許をもっているかどうかは不動産会社の会社概要欄ページで確認できます。

*不動産会社の得意な分野を調べる

不動産会社は賃貸の取り扱い、売買業務、開発業務など様々な事業がありますが、不動産会社によって得意な事業が異なります。
得意な事業を簡単に見分けるためには不動産会社のホームページをみてみましょう。
トップページの最初にマンション仲介についての記載があれば、マンション売買業務を得意としていることが分かります。
メインではない事業を冒頭に載せる不動産会社はないでしょう。
また、どの事業の業績が良いのか調べることも有効です。
その不動産業者がどの事業に力を入れているか判断できます。

□まとめ

今回はマンション売却時の業者の選び方について紹介しました。
マンション売却を行うにあたって業者選びは重要です。
良い業者を選び、納得の行く売却を進めましょう。

もちろん弊社は古河市でのマンション販売を得意としております。

マンションの査定はこちらからどうぞ

投稿日:2020/04/08   投稿者:須田純一

一般的に子育てが新築を検討するきっかけになることは多いです。
では子育てを行う家庭は新築を考えるときにどういった点に注目すると良いでしょうか。
今回は新築をお考えの方に向けて、子育てしやすい間取りについて紹介します。

□子育てを行う上での間取りの失敗例

1つ目はこどもグッズの収納場所がないことです。
オムツ、おもちゃ、ベビーベッドといった子供が生まれると必要になるものが出てきます。
常に散らかった状態になると、見た目が悪いだけでなく、こどもの安全面にも支障をきたす可能性があるので、収納場所の確保をしましょう。
また、収納を作る場所の位置も重要です。
こどもが成長すると、スポーツ用品といった外遊びの道具が増えていきます。
部屋の中に入れたくない道具を収納するために玄関収納を広く取るなどの対策を行いましょう。
2つ目は子育てと家事の両立が難しいことです。
例えば洗濯機が1階で物干し場が2階にある場合は、階段を行き来するため、こどもを見守りながら家事を行うのは難しいでしょう。
キッチンとお風呂を別の階にしたら、夕飯を作りながらこどものお風呂を見に行くことが大変だったという失敗もあります。
家事と育児の両立は大変ですが、少しでも効率が良くなるような配置や間取りを考えましょう。

□子育てしやすい間取りを考えるポイントとは

どのように子育てしやすい間取りを考えると良いのでしょうか。
ここでは間取りを考える3つのポイントを紹介します。

*コミュニケーションが取りやすいか

こどもとコミュニケーションを取りやすい間取りを重視しましょう。
リビングはどの部屋からも通る空間にしておくことが大切です。
家を出る前と後に家族が必ず顔を合わせられるリビングを作ることで、毎日コミュニケーションを取れる家族になります。
また、吹き抜けを利用し、リビングと他の部屋をつなげると、家族がどこにいても声をかけられます。

*家事を行いやすいか

こどもが小さな場合は家事と子育ての両立が大変です。
特に洗濯と料理はかなりの労力を費やすので、行いやすい間取りにすることが重要です。
キッチンはリビングを見渡せるオープンキッチンにすると良いでしょう。
オープンキッチンにすることでこどもが小さい頃は見守りながら料理できるので安心できます。
こどもが大きくなると会話をしながら料理ができる点もメリットです。
洗濯は洗濯機を回す、洗濯物を干す、たたむという一連の作業を近い位置で行えると良いでしょう。
移動距離が少なくなるので労力を軽減できます。
また、洗濯以外の家事の動線と合わせて間取りを考えることで、より効率的に家事が行えるでしょう。

*こどもが遊べるスペース

こどもを1人で外出させ、遊ばせることは心配です。
代わりに庭や室内にこどもが遊べるスペースを作れると良いでしょう。
芝生を敷いた庭を設置すると子供が怪我をしにくい状態で遊ぶことができます。
また、くつろぎながらこどもを見守れるテラスを庭に作ることもおすすめです。

□まとめ

今回は新築をお考えの方に向けて、子育てしやすい間取りについて紹介しました。
子育てしやすい間取りを考える場合はこどもとコミュニケーションが取りやすいか、家事が効率的におこなえるかといったことが重要です。

栄進の新築ツアーはこちらから

投稿日:2020/04/06   投稿者:須田純一

新型コロナウイルス感染拡大の影響で不安の多い日々となっています・・・

そんな中、海外で始まった外出を制限されている子どもたちの気を紛らわすための「テディベア探し」。

栄進でも お散歩中のお子さんに見つけてもらえたら・・・と

くまちゃんが外をながめています♪

大人の方もぜひ探してみてください。

関連ニュースは、 テディベア探し  ←こちらをクリック! 

投稿日:2020/04/04   投稿者:-

マンションの売却をするときは、いつ売ればお得なのか、売却価格はなぜ変化するのかといった気になる点が出てきますよね。
そこで今回は、マンションを売却するベストなタイミングについて紹介します。

□マンションの売却価格に影響を与える要因とは

マンションの売却価格に影響を与える要因は大きく3つあります。
1つ目は、需要と供給です。
マンションの購買意欲は景気によって左右されます。
そのため、同じマンションでも景気が良いときは悪いときと比べ、高額で売却できる可能性が高いでしょう。
2つ目は、需要と供給です。
マンションの売却価格は需要と供給によって決まるため、高く売れるときは需要が多くなるときです。
需要と供給に影響を与えるのは、景気、税金変更時期、住宅ローン金利変更時期などがあります。
マンション購入の需要が多い時期でも、供給が多いと価格はそれほど上がりません。
3つ目は、マンションの売り出し価格です。
新築マンションの売り出し価格が高ければ高いほど、中古マンションの売却価格も高くなる傾向にあります。
4つ目は、マンションの築年数です。
価格を考えずに中古マンションを購入する場合、多くの人が新築に近いマンションを購入するでしょう。
新築に近い、築年数が浅いマンションほど価格は維持されます。
そのため、築年数が浅いほど築年数による価格の下落率よりも高額で売却されます。

□マンションの売却が成功しやすいタイミングとは

築年数が浅い以外にも売りやすいタイミングが存在します。
今回は売却を成功させる3つのタイミングについて紹介します。

*不動産の価格動向から考える

不動産の価格動向はリーマンショックが起きた2009年以降から急激に上がってここ数年は落ちついています。
今後どうなるかはわかりませんが、東京オリンピック後は下がるという見方がありましたが・・・コロナの影響で東京オリンピックがずれ込む事になり・・・どうなるか想像がつかなくなったのが現状です。
そのため、いつ売却することがベストだと考えづらいです。

*季節から考える

マンションには売却しにくい季節があります。
2~3月が最も高く売りやすく、4月になると売れにくくなると言われています。
中古マンションを購入する世帯は、小中学生の子供がいる世帯が多いため、子供の転校のタイミングに合わせて購入する世帯が多くなります。
そのため、家族向けの間取りのマンションは2~3月に売却できるとベストでしょう。

*税金の観点から考える

マンションは所有する年数によって売却時にかかる税金が異なります。
5年を過ぎると税率が低くなるので、5年所有してから売却することをおすすめします。
住居用であれば3000万円の特別控除が適用されることが多いので、所有年数による影響は少ないです。

□まとめ

今回はマンションを売却するためのベストなタイミングについて紹介しました。
マンションの売却価格は様々な要因に影響され、売却が成功しやすいタイミングが存在します。
これらを考慮に入れてマンションの売却を行うことをおすすめします。

マンションの査定はこちらから

投稿日:2020/04/03   投稿者:須田純一

新築を購入するときは、気になる点や疑問に感じる点がたくさん出てきますよね。
契約の流れや住宅購入のポイントを事前に理解しておくことで、スムーズに満足のいく住宅購入が行いやすくなります。
そこで今回は新築を購入予定の方に向けて、契約の流れや購入のポイントついて紹介します。

□新築の住宅購入の手続きの流れ

住宅購入では、手続きの流れを知ることでスムーズに購入できます。
ここからは手続きを段階ごとに紹介します。

*購入申し込みと住宅ローン事前審査を行う

購入したい家が決まると申し込みを行います。
新築マンションなどは10万円ほどの申込証拠金が必要になる場合があります。
申し込みと同時に住宅ローン審査も行いましょう。
ローンが組めるかどうかを金融機関が審査します。
審査で認められないと契約に進むことができません。

*契約を行う

事前に重要事項説明書や契約書の内容を把握しておき、気になる点があれば質問してしっかり理解した上で署名を行うと良いでしょう。
契約後に買い手の都合で解約する場合、契約時に支払った手付金は放棄することになる場合があるので注意してください。

*住宅ローン申し込みから契約を行う

売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行います。
金融機関による本審査で承認されれば、正式なローン契約を結ぶことになります。
その後、購入価格から手付金を引いた金額を支払うという残金決済を行い、マイホームの引き渡し・入居が可能となります。

□新築住宅を購入するときのポイントとは

新築住宅を購入するときのポイントは5つあります。
1つ目は購入エリアです。
職場や学校など通勤のアクセスを考慮して購入エリアをある程度絞っていきましょう。
アクセス手段を車にするのか公共交通機関にするのかによってエリアの設定は大きく変わるので、しっかりと考えましょう。
2つ目は周辺環境です。
治安が良いか、スーパーや薬局、病院など生活に欠かせない施設の位置などを把握します。
また、公園や図書館など公共施設の有無も確認できると良いでしょう。
3つ目は地域のコミュニティです。
戸建ての場合は地域のコミュニティに属することになります。
町内会の運営状況や周辺住民に関する情報を知っておくと、スムーズになじみやすいでしょう。

また最近はハザードマップなどで洪水の時の水位などを把握することをお勧めします。
4つ目は面積です。
戸建てでは敷地面積と延べ床面積の2つの観点に注目することが重要です。
駐車スペースや庭のスペースを十分確保できないため、敷地の広さも確認しましょう。
5つ目は間取りです。
こども部屋を作りたい、リビングダイニングを広くしたいなど、自分が住みやすい間取りをイメージできると間取りを決めやすいです。

□まとめ

今回は新築を購入予定の方に向けて、契約の流れや住宅購入のポイントについて紹介しました。
住宅購入のポイントや手続きについてしっかりと把握して、最高の住まいを手に入れましょう。

当社は、茨城県、栃木県を中心に不動産情報を提供しています。
新築戸建見学ツアーもありますので、お気軽にお問い合わせください。

新築戸建見学ツアーはこちらからどうぞ

投稿日:2020/04/01   投稿者:須田純一